で、2016年はアドセンスブログ1記事に必要な文字数は?

ブログ
「ブログの1つの記事につき何文字ぐらい書けばいい?」

「現在無料ブログでブログを書いています。なかなかアクセスが集まらないのですが1つの記事につき何文字ぐらい書けば良いですか?」

かなり良く効かれるのがこのような質問で、
実際、私もそんなことばかり考えてブログを書いていた時がありました。

具体的には当時ブログを書いていた時はとりあえず1200文字以上は必ず書くと決めてました。

しかし、ある時

「ブログは1記事何文字書けば良い?」
この疑問は考えても全く意味がないことに気づきました。

そして文字数など考えないようにしてから
記事を書くスピードはかなり上がりました。

要するに、
「ブログ1記事は何文字ぐらいが良いのか?」
この疑問が
逆に記事を書く足を引っ張っていたんです。

断言します、ブログの1記事あたりの文字数など考える必要ありません。
こんなこと考えてしまっている時ほどあまり作業ができていないのではないですか?
(昔の私)

一つの基準を作るなら-1,200文字が最低ライン

今は
「あまりにも短すぎたり長すぎたりしないなら何文字でも良い」
このように考えています。

もっと言うと、最初に伝えようとしていた事が
全部かけているのであれば何文字でも良いです。

一応私としては記事を書くときに
「1,200文字から4,000文字ぐらいの間」
を1つの目安にしていますが書いている段階で
そんなこと気にした事はあまりありません。

それなりに時間をかけてあげると大抵書き終わったら1,200文字以上にはなっているものです。

実際に読んでみるとわかるのですが
800文字程度では1つの記事にしては読み応えがありません。

(1つの記事でテーマが完結している記事の場合。
逆に、目次等がある30個の塊の中の1つの記事の場合は800文字程度でさらっと書いた方が読まれやすい場合もあります。)

そして、4,000文字を超える文章は
最後まで読まれない確率が結構、高いです。

なので、あまりにも長くなってしまう場合は2つの記事に分けたりします。

こんな感じで、1つの記事で、続きがない場合の記事は、1,200文字を最低ラインとして記事を書いてます。

でも、冒頭でも書いたようにブログの文字数なんてほとんど気にする必要ありません。

それよりも

「書いた自分が納得いく内容であるかどうかがまず大事」ですよね。

そして、次にスピードです。
うだうだ考えずにどんどん記事を書いて公開していくことも大事です。

実際に、15分程度で書いたかなり適当な記事が
2時間3時間かけて書いた記事よりも
アクセス数が多く、なおかつ感想までもらえることもあります。

この時に、最初に文字数が頭をよぎってしまっては
かけるものも書けなくなってしまいます。

文字数が少ないからだめ
多いから良い

と言うことではなくて、そんなこと考えずに

あなたのメディアだから記事を書いて
どんどん公開していけばいいよと言う話。

 

「600文字以上かかないとGoogleアドセンスから警告が来る」

「1,000文字以上書かないとGoogleは上位表示してくれない」

誰が考えたかはわかりませんがこんなもの都市伝説です。

 

疑問は迷いになります。
「この記事・このテーマで1,000文字以上書けるだろうか?」
とか迷っている時間がもったいない。

最低限、自分で読んでみて納得のいく記事であれば
スピード重視でどんどんいきましょう。

この疑問は実は危険です。

「私は大体1,200文字から4,000文字ぐらいの間に収めるようにしています」

こう書くと、
「じゃとりあえず1,200文字書けば良い」
と考えてしまう方も多いと思いますがこの考え方は危険です。

最低限の努力しかしたくない
という本音が垣間見えてしまっているからです。

このような考えは
楽しんで記事を書く作業と言うよりは与えられたノルマを文字で埋める作業のような感じです。

このように、そもそも
「ブログ1記事あたりの文字数は何文字が適当か?」

に対しては

「最低限の事しかしたくないです。」

「1つの記事に最低何文字書けば良いですか?それ以上は書きたくありません。」

要するに、記事の中身はどうでもよく
ノルマを達成したらその日の仕事は終わりと言う考え方。
もし実際にこうなってしまっているなら要注意。

最低文字数を気にする=記事を楽しんで書けてない

からです。

こんな、何文字今日は終了みたいな視点で書かれたブログが面白いわけないですよね。
この状態で、 2か月3ヶ月続けられるほど人間は強くありません。

このような疑問を持つようになった思考が問題てす。

100歩譲ってクラウドワークなどで
誰かのために記事を書いているのであれば文字数を考えるのも仕方ないかもしれません。

しかし、あなたのブログに自分で記事を書く場合。
「何文字書けば良いのですか?」
という考えは一切捨ててください。

そんなこと一切考えないで書いた記事の方が面白い記事が出来上がるしまたそうでなければいけません。

なので、今現在なかなか筆が進まない方は自分のブログで扱っているテーマを今一度見直してみてください。記事を書く作業が少しでも苦痛になっているのであれば、それはひょっとしたらあなたに合わないテーマなのかもしれません。

そんな苦しい 状態で、アフィリエイトやっても
あんま意味がないんですね。

ちょっと調べたらもっと書きやすく自分も楽しんで書けるテーマがあるはずです。まずそれを探す事から始めましょう。

1記事あたりの文字数を意識するのはやめるべき

「自分で自分の記事を読んで一応の合格点をあげられればokです。」

ということで書いて書いて書きまくってください。
文字数なんて全く気にする必要なし。

こんなことばかり考えて書いていると
逆に記事が書けなくなってしまいます。

書いているうちに
600文字も書くことができないテーマも出てくるものです。

でも、気にすることはありません。

どんどん書いてどんどん公開してしまいましょう。あなたの書いた文字はすべてあなたの資産です。

このような表面上のことを気にするのも良いのですが
こんなことを調べている間に実は1記事かけたりします。

そして、
「1記事あたり何文字ぐらい書けば良いのか?」
これは、いろいろなブログで書かれていることが全く違うため
1時間2時間と調べたところで正解は出ないでしょう。
というかそもそも正解がないテーマだからです。

こんなこと気にせずに、
記事を書いていた方がよっぽど生産性が上がります。

正解はないけど私からの一応の回答は
「1200文字~4000文字くらい」になります。(これ以上じゃないとダメとかいう意味ではありません。)

あくまで一つの目安として参考にしていただければと思います。


-----------------------

メルマガ始めました。( ̄ー ̄) 登録は下記よりどうぞ↓
スマホの方は空メールでも登録できます。

アフィリに関する疑問・質問・グチなどはお気軽にお問い合わせフォームよりどうぞ。

-----------------------


メルマガ始めました

このブログの更新情報やお寄せいただいた質問などを共有していく予定です。

登録いただいた方に

【Yahoo!知恵袋】での調査を自動化するマクロをプレゼント中。

キーワードを入れるだけで
「質問と回答」を自動で抜き出します。
これ、価値が分かる人にはヤバいです。

キーワードを入力すると

その悩みを根こそぎ引っこ抜いてくるマクロです。

キーワードを入力するだけでこんなテキストを5分で抽出します。

例:「赤ちゃん ゲップ」での抽出結果

アフィリしたいジャンルのリサーチや
記事を書くスピードが激的に上がりますよ。

登録はメールアドレスのみなのでお気軽にどうぞ!

メルマガに登録する

コメントを残す

*