音声入力

【スマホで記事を書くのが面倒】なら激安中華Androidタブレット

スマートフォンの音声入力で文章を書く作業するのに面倒だなと思うところ

が私の場合は主に3つあります。

・音声認識中は音声以外での操作ができない(キーボードへの切り替えができない)

・文字を入力している画面が狭くて記事の全体像がつかめない

・長時間の作業は目が疲れる

この辺でしょうか?

① 音声入力中はキーボードが使えない

パソコンの音声認識ソフトなどは
音声入力をしながらキーボードが使えるので
結構作業早く進みますよね。

しかし、スマートフォンの音声入力の場合は
音声入力中はキーボードが現れず
タイピングと併用して使用することができません。

② 記事の全体像を使うのが難しい

また、スマホの場合は
キーボードが画面下半分ぐらいを占めてしまうため

文字入力スペースは上半分しか取れないわけです。

これでは、いくら入力文字を小さくしても
画面がとても狭いため全体像を掴むことができない。

特にブログのような長文を書く場合
行き当たりばったりで書いていると

「あれ、これ最初のほうに書いたんじゃ?」

ということになりなかなか進まない…

③ 長時間使用は【目】が非常に疲れる

また、小さいためにずっと見続けると…

特にiPhoneなどそうですが
画面見ながらずっとぽちぽちと入力していると
とにかく目が疲れます。

30分ぐらい集中して入力すると
目がものすごく近いところにピントが合ってしまい
遠くのものはかなりぼやけることがあります。

■ 仕事してる感がない

また、これは作業とは関係ないですが

スマートフォンで入力作業してると

「とにかく遊んでるようにしか見えない」

特にこんな姿勢でやると…

寝ながらスマホ

家族に対して

今、仕事中のためお静かに!(-_-)

とドヤ顔してもその姿勢が

寝転びながらスマホ

では何の説得力もありません。

子どもに作文で

「うちのお母さんは一日中スマートフォンで遊んでいます」

とか書かれるレベルです。

ちなみにスタバなどのカフェでも

スーツ姿でもスマホだけいじってるとゲームしている人

にしか見えませんが

机の上に、手帳とイヤホン、ボールペンなどの小物を置いておく
短パン・Tシャツ姿でも

「なんかフリーでネットで仕事してるすごそうな人」

に見えます。w 続きを読む

【わずか2時間だけ】スマホのみで1日8記事を量産する3つのステップ

1ヶ月100記事書くなんて【夢のまた夢】だと思っていませんか?

今回はみんな大好き、「記事の量産方法」です。

  • 量産
  • 寝ながら
  • スマホだけ

いい響きですね~。(・∀・)

iPhoneの音声入力を使えばブログの記事は1日8記事ぐらいは楽勝で書けます。

1時間で8記事の下書きを終わらせ

あとの一時間でスマホで修正。みたいな・・・

最初にテーマを決める必要はありますが
それさえ終われば作業時間は2時間程度です。

私が推奨するスマホでの音声入力は
とにかく文章に対するハードルが下がるのがメリットです。

今回は最近私が取り組んでいる
1日8記事の量産方法についてお伝えします。

ちなみにブログ投稿までの95パーセントの作業を
スマートフォンだけで終わらせることができます。

子育てに忙しいあなたでも大丈夫。
パソコンほとんど使いません。

楽に入力できる+作成スピードを上げることができる

いろいろなアプリを経由して
この2つのステップをクリアすることができたら
あなたの作業効率は飛躍的に上がるはずです。

準備はちょっと必要かもしれませんが慣れてくると100記事単位のブログでも短期間で作成が可能!

続きを読む

【1時間1万文字】音声入力であなたの文章生産量を劇的にアップする3つの思考

iPadでアプリ「音声認識メールクラウド」を使って1時間でどれくらいの文字が生産できるのか?

をやって見ました。
(正確には65分から70分くらいかも知れない。汗)

結果は9741文字


・(注)バッテリー表示の下の数字

iPadの画面の上部を切り抜いてるのでこの画像だけでは文章は理解できません。
でも、なかなかのスピードではないでしょうか?

しかも、どこかにある文章を読み上げたわけではありません。
完全なオリジナルの文章です。

これ位のスピードで文字入力が出来れば
音声認識を使ってみたいと思う人も多いはず。

ちなみに私の感覚では、

毎日コンスタントにこの程度の文章量を生産できればadsenseだけでも会社員の(新卒)給料ぐらいは稼げます。

ただ、初めて音声認識を使うときに必ず愕然とすることがあります。

それは

「キーボード入力している時のように文章がすらすら浮かんでこない」

という事です。 続きを読む

携帯できる音声入力デバイスの重要性-アンドロイドとiPhoneの認識精度比較

携帯できるスマホ 音声入力

携帯できる音声入力デバイスの重要性

ブログを書くにおいて、音声入力はかなり重要で
導入する人はドンドン増えています。

パソコンでの音声入力はもちろんです。

が、携帯できるiPhoneかipadも持っていると、
かなり情報発信の幅が広がると思います。

併用するとタイピングが苦手な人でも
1日5,000文字~1万文字くらいなら
簡単に入力することができます。 続きを読む

家族旅行中の1週間パソコンを使わずiPad だけで記事を量産した結果

今日は雑記です。
こちらのブログの更新が滞ってましたが
1週間ほど家族旅行に出かけていました。

で。ついでに、音声入力で記事を書く実験もしてました。

「パソコンを持っていかずにスマホだけでどれだけ記事が書けるか?」

正確にはiPadですが・・・

特に文字数を書く事にこだわってテストしました。

手法については、本を参考に自分の文章を作っていきます。

旅行中の特にスキマ時間を狙ってコツコツ書きます。
コマ切れ時間を使うやり方はは頭でじっくりと考えたものを
文章に起こす作業は難しいです。

そんな感じで…

旅行中のちょっとした隙間時間と、
子供が寝た後の少しの時間を利用して
音声入力だけで1週間、記事を書き続けました。 続きを読む

音声入力でブログを書くのは難しい?スラスラ書くコツ教えます

Q「音声入力でブログを書くとどうしても言葉に詰まります」

質問をいただきました。

音声入力が便利なのはわかったけれど
実際にやってみるとどうにも言葉が出てこない

また

考えている時間の方が長くなってしまう

というもの。

分かります分かります。試したことがある方なら分かると思いますが
最初のうちは 続きを読む

タイピングが遅い私でも1日5万文字の入力を可能にしたスマホの音声入力

音声入力は最も疲労が少なく文字を入力できる方法

  • キーボードを打つのが遅い
  • 肩こりがひどくて、長時間デスクに向かえない
  • 1日2日程度しか、記事作成作業を継続できない

そんな悩みはないでしょうか?
私もそうでしたが、

キーボードを長時間使うのが非常に苦手でした。
タイピングスピードも10分でせいぜい1000文字程度。しかも、集中力が続かないのでこのスピードを30分維持することはできません。 続きを読む

【ipadだけで仕事】たった100円の音声入力アプリが月50万円以上を生み出してくれた話

モニターに向かってキーボードを打つ作業が長時間続かない…
そんな私のような方に!!

特にアドセンス記事作成の場合は、
自分の得意分野ではないジャンルも

キーワード需要がありそうならば
記事を作成しなければならない

これは非常に苦痛。

私も記事を作るときはなかなか重い腰が上がりません。 続きを読む

【文字数別】iPhoneでブログ1記事を書くときの作業時間の目安

「一つの記事を書くときに時間がかかりすぎている」
「思うように作業が進まない」

1人で黙々とブログを書いているとこういう日が必ず出てきますよね。

「今日はこれだけやろうと思っていたのに半分も出来なかった」
なんて日が結構出てくると思います。

私もそうですが
自分の思っているスピードと現実のスピードのギャップに
思い知らされることが多々あります。 続きを読む

音声入力に慣れて、在宅ワークの文章作成スピードを数倍にするための5つの工夫

スマートフォンの音声入力
音声入力を使えばスマホだけで
タイピング検定一級のスピードで文字入力ができる

音声入力の特徴

・誰でも「タイピング検定一級に合格するスピード」で文字入力が可能になる。
・静かな場所ならどこででも作業ができる
・文章を大量に書く小説家たちも使っている人は多い

便利なのはわかっているけれども、なかなか音声入力に慣れない

そこまで頻繁ではないですが、
このような相談をいただくことがあります。 続きを読む