ダイエット器具を売るのに「足痩せ」サイトを作ってはいけない理由

私は1つのブログをまずは丁寧に育てる
パワーサイトの戦略を取っています。

(ジャンルは物販サイトをメインにアドセンスを貼っても稼ぐコンテンツを作ります。)

ドラクエ例え話の記事が少しわかりにくかったようで
混乱する方も多かったみたいですが
あの例え話はどちらかと言うとアドセンスよりのブログの場合の話です。

こう書いた方が初心者のかたにも分かりやすいかなと思っただけで
すべてがすべて、当てはまるわけではないです。

とくに物販メインの場合は
記事数少ないブログでも十分成果は出ます。
(私も1ページしかないサイト、たくさん持ってますが、放置してても売れます。)

パワーサイト戦略でも
50記事~100記事くらいの間でボチボチと商品が売れ出す場合もあります。

なのであのドラクエの例え話は
あくまで、アドセンス主体とした稼ぎ方の
「一応のスタートとゴール」
と捉えていただければと思います。

なので、完全に物販アフィリエイトメインなのであれば100記事書くまでにも報酬が発生する場合もあるでしょう。

逆に、 adsenseがメインの場合は
1つのサイトで月に1万円以上の収入を得ようと思うと
やはり100記事以上は欲しいところです。

【例】ダイエットの「足痩せ」や「顔やせ」などのようにジャンルをもう少ししぼった場合のサイト

もし、私がダイエットのジャンルでブログを書くのであれば

ブログ全体のテーマをざっくりとダイエットとして
足痩せや顔痩せなどは
カテゴリーとして記事を書いていきます。

(なぜなら、アフィリエイトの商品紹介以外にもadsenseの収入も狙っていくからです。)

じゃあブログ複数ではダメなのか?
足痩せというキーワードで100記事も書くの?

などの問題が出てきますがこれは
どちらでも構いません。

ダイエットというジャンルの

「足痩せ」「顔やせ」などの絞ったテーマでサイトを複数、展開していくのでも構いませんし、

(1サイトをというやり方からは少し外れますが)事実、私が推奨している
「キーワードwebマーケティング」
でも、そのようなサイト展開にするように書いてあります。

足痩せだけに特化したたった1サイトを構築していっても問題無いです。

ただ、「足痩せ」ジャンルでブログ作っても
「足痩せ」というキーワードで記事は書きません。

【足痩せ】をテーマにしたサイトならキーワードはどうする?

「家でできる足痩せ」→○○を使えば家で足痩せできますよ。
「ラクにできる足痩せ」→○○を使えばラクですよ。
「お金を使わないでできる足痩せ」→無料でもできますが○○を使えば成功しやすいですよ。
「1ヶ月でふくらはぎを細くする方法」→1ヶ月で達成するには○○を使うほうがいいですよ。
「ダイエットサプリで足痩せできるの?」→できないのでサプリより○○で足痩せしましょう。

この導線の貼り方ではちょっと・・・です。
なぜなら、「脚やせ」「ふくらはぎを細くする」
などは、キーワードとしては大き過ぎるからです。

だれでも思いつくのでライバルが多すぎます。

ashiyaseまた、検索ボリュームはそれなりにあるけどほとんどの人が
「方法」や「テクニック」を探しています。

私はこのジャンルは挑戦したことないですが
「足痩せ」「足が太い」
と悩んでいる人で今すぐに痩せなければいけない人は

「検索ボックスにはどんな単語を入力するのか?」
を考える必要があります。

また、「どういう人が足痩せしたいのか?」
を考える必要もあります。
本気で足痩せしたい人、足痩せする必要がある人は
まず、「足痩せ」というワード以外で検索する比率の方が高くなります。

押し売りではないですが
この辺りの思考は
ぜひ、キーワードwebマーケティングを買ってみてください。
おそらくこの辺りの
「集客ワード」の考え方とはどういうものか?が徐々にクリアになっていくと思います。

まず、誰をサイトに集めるのか?を明確にする

売る商品をダイエット器具とし、
サイトで扱うテーマは足痩せとする

ここまではいいんですが
多くの人が間違うのがここから…

記事コンテンツやキーワードを書く時に
「足痩せ」「ふくらはぎ痩せ」「太もも痩せ」「お尻痩せ」
こんなワードを選んでサイトを作ろうとするなら要注意です。

これらのキーワードは
「誰に」が明確になっていないワードなので
これだけで記事は書けません。

「足痩せ」したい人の
年齢は?結婚歴は?子どもはいるのか?動機は何なのか?
これらが分からずに
「足痩せ」だけで書いてしまうアフィリエイターが多いですがそんなことやってもまず売れません。

というか、私なら
どんな記事を書いていいのか検討もつきません。

なので、ここからはキーワードを見るよりも
そのジャンルについて詳しくなる必要があります。

「少なくても奥さんや知り合いの女性にダイエットについて小一時間語れるくらいの知識」
がないと記事なんて書けません。

(もっとぶっちゃけるなら、いかに詳しいように見せかけるか?が重要です。)
そうすると自ずとどんな人に向けて書くとダイエット器具が売れるのか?
これが見えてくるはずです。

何調査しない状態で書くのなら
外注したほうがマシ。という状態になります。

このテーマをネットで調べる場合は知恵袋などのQ&Aサイトを使用。
ブックオフに言って、100円のダイエットに関する本を5冊くらい買うと全く知らないジャンルでも取りあえずの知識は付きます。

初歩の初歩、知恵袋で「足痩せ」と検索してみます

知恵袋の調査マクロの設定を60秒くらいにして
いちど大きいキーワードで検索しその質問と回答をぼけっと眺めてみてください。
「足痩せ」「下半身太り」「ふくらはぎ痩せ」「太もも痩せ」
とかのキーワードで構いません。

30個ぐらい眺めてみると、
様々な悩みが調査できると思います。

最初は、キーワードの調査から始めてください。

脚やせ
ふくらはぎ
二の腕

こんなキーワードは悩みを調査する前の段階のキーワードです。

このワードで記事書いても意味がないんじゃないかなと思います。

このキーワードで書いてる人はいっぱいいますし
そもそも、「脚やせ」という表面上のキーワードだけで
記事を書くのは難しいと思います。

これは他のことに当てはめるとよく分かります。

「iPhoneで記事書いて」
「ドラクエで記事書いて」
「東京で記事書いて」
「アフィリエイトで記事書いて」

こんなこと言われても書けませんよね。

「なぜ、足痩せしたいのか?」
の動機が明確になっていないので
表面上のワードだけでは記事を書くことができないのです。

足痩せしたいのは様々な理由があります。

逆に例えば育児と絡めると
ダイエットをしなければならない人は

「産後のむくみ」
「産後 体型戻らない」

この辺の層がターゲットになりますね。

では、この悩みを抱えるのは
だいたいどれぐらいでしょうか?

おそらく、
「出産してから1年以内」
だと思います。(もっと短いかも、リサーチしてないので分かりません。)

という事は、集客ワードは
「出産してから1年以内の育児中の女性を集めるキーワードにする」
という考え方になり、

先程の、「産後の体型」あたりのキーワードを含め
・寝かしつけのコツ
・夜泣きさせないコツ
・生後2ヶ月 ●●

こんな感じの、「出産妹から1年以内の育児中の女性」
をターゲットにしたキーワードで集客していき
「産後の体型が戻らない」という記事を出口にして
ダイエット器具を売るといったやり方でもいけます。

これらのテーマはアドセンスとも相性が良いです。

最終的に売れるかどうかは商品によるところも大きいのですが
「足痩せ」の関連ワードで集客を試みるよりもはるかに伸びしろは大きいです。

ダイエット器具を売るのに足痩せキーワードで記事を書かない理由

今回は、このような感じなります。
アプローチの仕方が全然違うのでちょっとピンとこないかもしれません。

でも、この
「誰を集めて、どんな悩みに対して、何を売るのか?」
この考え方が「とても」重要です。

今回の記事では育児にテーマを絞りましたが
育児以外にも脚やせが必要な人がいます
例えば

・この夏恋人と一緒に海に行こうとしている
・初めて彼氏ができた
・新入社員として初めてリクルートスーツを切るOL

このように、ターゲティングができれば
「ビキニが似合う髪型」 (適当です)
みたいなキーワードからでも、ダイエット器具に誘導することも可能です。

これの事例は

キーワードWEBマーケティング

に多数掲載されていますので、

「稼ぐ前に、商品を売るための発想方法が知りたい」
という人はぜひ、手にとってみてください。

絶対損はしないはずです。


-----------------------

メルマガ始めました。( ̄ー ̄) 登録は下記よりどうぞ↓
スマホの方は空メールでも登録できます。

アフィリに関する疑問・質問・グチなどはお気軽にお問い合わせフォームよりどうぞ。

-----------------------


メルマガ始めました

このブログの更新情報やお寄せいただいた質問などを共有していく予定です。

登録いただいた方に

【Yahoo!知恵袋】での調査を自動化するマクロをプレゼント中。

キーワードを入れるだけで
「質問と回答」を自動で抜き出します。
これ、価値が分かる人にはヤバいです。

キーワードを入力すると

その悩みを根こそぎ引っこ抜いてくるマクロです。

キーワードを入力するだけでこんなテキストを5分で抽出します。

例:「赤ちゃん ゲップ」での抽出結果

アフィリしたいジャンルのリサーチや
記事を書くスピードが激的に上がりますよ。

登録はメールアドレスのみなのでお気軽にどうぞ!

メルマガに登録する

コメントを残す

*