iPhoneアプリ-音声認識メールクラウドの7つの特徴

音声認識メールクラウド
当分の間、Siri で文章を書くのをやめるかもしれません。

・iPhoneだけで長文の記事を書きたい
・Siriの変換ミスにイライラさせられている
・キーボード入力にそこまでの自信がない…

そんな方はぜひ、今回紹介するiPhoneアプリ「音声認識メールクラウド」を使ってみてください。その驚愕の認識率に驚かれるはずです。

つい先日のアップデートで驚愕の認識率!の神アプリに生まれ変わりました。

正直ここまでとは思いませんでした。

冗談抜きで、
iPad とこのアプリだけでどこでもストレスなく文章を入力できます。

昨日も、興奮してざっと書いたものを記事にしてしまいましたが、
今回は音声認識メールクラウドの7つの特徴を整理して書いてみたいと思います。。

何度も申し上げますが
その変換精度の向上は目を見張るものがあります。
iOS のSiri を含めて今のところ他社アプリの追随を全く許さないレベル。

有料アプリですが
値段は120円というジュース1本の値段で購入することができます。

今回のアップデートで、認識率は高額なパソコンの音声認識ソフトとほとんど変わらなくなりました。
音声入力に興味がない方でも、その変換精度、ぜひぜひ楽しんでみてほしいと思います。

音声認識メールクラウドの7つの特徴

1、iPhone 6の解像度に対応

※これは特徴というよりアップデート後の改善ポイントです。

この音声認識メールクラウドは2年近くアップデートがありませんでした。

なので、iPhone 6を購入してアプリを起動しても

昔のiPhone 4の時代の解像度そのまま

まあソフトウェアキーボードの大きさなどはまだ満足できたのですが、
とにかく表示される文字が大きすぎて文書など作成する気になりませんでした。

ところが今回のアップデートで文字の大きさが
iPhone 6Plus にも適切なサイズになり、とても書きやすくなりました。
これはiPhone もiPad も同じです。

2、圧倒的な認識精度の高さ

正直、パソコンの音声認識ソフトよりミスが少ないかも…

この文章はiPad から入力していますが今のところほとんど誤変換なく入力できています。

長文を一気に話しても誤変換などはなく、本当に高価なパソコンのソフトの認識率をも超えるのではないかと感じています。

唯一、注意するべきは周りの騒音です。
このアプリはiPhone のSiri とは違って騒音にはかなり弱いので注意が必要です。

しかし、静かな場所さえ選べば変換率はほぼ100%です。

iPhone の音声入力といえばやはり、いかに正確に変換してくれるか?

これに尽きると思います。
なぜなら、
スマートフォンデバイスはパソコンとは違って後からの修正がものすごく大変だからです。

この正確な認識と変換については

ニューアンス社が発売しているアプリの
ドラゴンディクテーションや音声認識装置が一番正確でした。

しかし、今回のアップデートで

音声認識メールクラウドが間違いなくナンバーワンになったと思っています。

私はパソコンの音声入力ではドラゴンスピーチというソフトを使っているのですが
正直それと比べても何ら遜色はありません。

というか、iPhone のヘッドセットを付けて入力すれば、こちらの方が精度が高いのではないかとも感じるぐらいです。

3、時間の制約はなく、ずっと入力できる

ベッドに横になって30分でも1時間でもただ、話し続けるだけ…

Siriやニュアンス社のドラゴンディクテーションや音声入力装置など
iPhone で音声入力ができるアプリはたくさん発売されているのですが、

どれもこれも1回の入力時間が1分間に限られているというのが問題なんですね。

せっかく音声入力で文章を作成しようと思っても
頭の中で書くことが整理されていない場合

この1分間でほとんど言葉が出てこなかった

という経験がある方も多いんじゃないでしょうか。

その点、音声認識メールクラウドははじめにボタンをタップすれば、時間制限なくずっと入力できるのが魅力。

本当にパソコンの音声認識ソフトと全く同じ!

そしてずっと入力するモード以外にも

 

★「ボタンを押している間だけ入力できるモード」

や、

短文入力におすすめな
★「会話が終われば自動終了するモード」

 

などに切り替えることも可能です。

最初にボタンをタップして10分間適当に話し続けるだけでも1000文字程度は入力できてしまいます。本当にすごい!

4、認識精度が高いからこそ生きるリアルタイム変換

それはまるで話しながらキーボード入力しているかのような気持ちよさ

音声認識メールクラウドはとにかくリアルタイム変換が気持ち良いです。

iOS のSiri や同音声入力アプリであるドラゴンディクテーションは
タップしてから入力できる時間は1分間という縛りがあります。

で、この間は入力している文字を見ることはできません。あとでまとめて文字が出てくるスタイルです。

音声認識メールクラウドは、まとめて入力ではなくその都度入力なわけですので、
なんというか、限りなくキーボード入力に近い感じなんですね。
これが非常に心地良いわけです。

なぜなら、音声入力に慣れていない人は
「どうしてもこの後から文字が変換される現象」
に違和感を感じる人が多いからです。

siriも基本的にはリアルタイム入力ですが、
誤った変換が多すぎて逆に気になるレベルです。

今後に期待したいところですが、
Siri に関しては個人的にはiOS 8以前の入力方式の方が良かったと感じています。
ところが音声メールクラウドはほとんど誤認識がないので
非常にストレスなく文章を入力できるわけです。

本当に話しながらタイピングしている感覚そのものです。

5、アプリへの単語登録(辞書)が可能

今のとこ、単語登録ができるアプリはこれ以外にありません。

自分の名称であるSiriを「尻」と認識してしまう馬鹿さ加減?!

Siriを使っていて
「このSiri自体に辞書登録ができたらな!」
と考えたことありませんか。

Siriは確かにどのアプリでも使えるし
ほんとに場所を選ばないので便利なんですが
時々冗談かと思えるぐらいの意味不明な変換ミスを起こします。

それが一1回2回であれば許せるのですが、
何回もやられてしまうと今度は

音声入力の速さよりも修正する時間のほうが長く取れてしまうのが問題なんですね。

iOS での音声入力がメジャーにならないのはこの辺も原因がありそうです。

しかし、現時点でSiriには、単語登録をする機能がありませんので

「一度間違えれば間違えっぱなし」

どうやったところで「その単語間違ってますよ!」という意味を知る術はないわけです。
これがSiri の非常にイラつかせれる原因の一つでもあります。

音声認識メールクラウドでは
この音声エンジン自体への辞書登録が行えます。

だから、難しい単語や専門用語でもどんどん正確に覚えさせることができるわけです。

固有名詞なんかもガンガン登録できるので専門用語をたくさん使った記事も変換ミスなく入力することができます。

6、現在入力している文字数がわかる

ブログを書くなら、今何文字入力しているのか?は絶対に分かったほうが便利ですよね。

音声入力を行う場合、Siriを使うなら入力文字数がわかるアプリを使って入力すればよいです。

しかし、それ以外のアプリ。
例えばドラゴンディクテーションなどは非常に優れた変換をしてくれるのですが入力文字数がわからないんですね。

これが結構何気に不便なんです。

ブログを書くときにやはり一つの目安として入力文字数は参考にしたいもの。
特に長文を書くときは、この機能は重宝します。

音声認識メールクラウドではこれがデフォルトで装備されています。

7、音声入力とBluetooth キーボードが同時に使える

SiriとBluetooth キーボードを同時に使うことは今のところできない

ブログを執筆する時に、iPad の方はBluetooth キーボードを便利に使って書いておられる方が多いと思います。
(iOSのIMEが使えない!というのはまた別のお話)

しかし、音声入力をメインにしておられる方は、
Bluetooth キーボードを使ってしまうとSiri が使えないのが不満な方も多いのではないでしょうか?

外付けキーボードとSiriを同時に使うことはできない。

しかし、この音声認識メールクラウドを使うことによって
音声入力をメインにしてサブ的な感じでBluetooth キーボードを使用することができます。

これで、iPhone やiPad のソフトウェアキーボードを使うことなく

音声入力+Bluetooth キーボード

の最速・最強ともいえる入力方法で文章を作成することができるわけです。

もはやここまで来るとパソコンでの音声入力の環境とほぼ同じ
(iOSのIMEが使えない!というのはまた別のお話。笑)

Bluetooth キーボードがあれば

パソコンのAmiVoice やドラゴンスピーチといったソフトを使った音声入力の環境がiPad でも実現できてしまいます。

ちなみにiPhone でのBluetooth キーボードの使用は推奨しません。

なぜなら、

  • 画面自体が狭い
  • iPhone 特有の気軽に持ち運べるという利便性を生かしきれていない
  • 短文ならフリック入力のほうが早かったりする

からです。

どうせやるのであれば大きな画面でじっくりと作成する方が良いと思います。

※現在、音声認識メールクラウドはBluetooth キーボードを使用しても、
ソフトウェアキーボードの余白部分が広く使えるというわけではなく真っ白になってしまいます。
アップデートによる改善に期待したいところです。

まとめ

ということで音声認識メールクラウドの7つの特徴を書いてみました。

私はこのアプリは2011年ぐらいだったと思いますが発売と同時ぐらいに買ったクチです。

しかし、その他便利なアプリやSiriの誕生によりしばらく使っていませんでした。
そしてこれからも使うことはないだろうと思っていたアプリの一つ。

しかし今回のアップデートで本当に優秀なアプリに生まれ変わりました。

特に、変換精度は桁違いに向上しています。例えると

・スライムがキングスライムになった
・バラモスがゾーマに
・悟空がスーパーサイヤ人…

こんな感じです。

なので、

  • 以前この音声認識メールクラウドを使って変換効率がイマイチだなと感じた方
  • iPhone の音声入力はまだまだ使えないと思われている方

ぜひこの機会に試してみてください。

値段も120円と本当にお手軽なレベルです。
これで2万円3万円相当のパソコンソフトと同じぐらいの機能が手に入るとしたら?
買わない理由はありませんよね。

---------------

メルマガ登録はこちらです。

スマホの方は空メールでも登録できます。

アフィリに関する疑問・質問などはお気軽にお問い合わせフォームよりお願いします。

有料noteを徐々に公開中

【1冊目】ライティング効率化

・ブログで100記事以上書いているけど全然収入に結びつかない
・アドセンスのRPMがかなり低い
・ブログを始めてみたいけどいちばん重要なポイントを知りたい

そんな方へ

・アドセンスブログでも商品が売れる
・1PV当たりの収益も大幅にアップする
・なぜ、ネットで稼いでいる人はすごい金額を稼いでるのか?

が分かるようになります。

>>アフィリ記事は●●から書け!目からウロコのライティング思考

【2冊目】アフィリエイト外注化
(8冊のノートが入ったマガジンになります。マガジンをご購入いただくことで全てのnoteが閲覧可能です)

外注化についてプロジェクトをメインに
300円のタスク作業で膨大な文字数を集める手法も公開!

・タスク300円で8000文字以上集める方法
・100円で質の高い記事を書いてもらう方法
・ライターへ出すタイトル修正の指示
・長くお付き合いしていくための考え方

などが分かります。

>>BLOGアフィリ記事 外注化マニュアル

各noteの詳細・目次などは下記のボタンからご覧いただけます。

りんやん-有料note一覧

コメント

コメントを残す

*