画像に自動文字入れツール サンプル3

 

今回紹介するツール・アイキャッチストックは

上記のような文字入れ画像を
完全自動で何枚でもザクザク量産する
ありそうでなかったシンプルかつ超高速な画像作成ツールです。

イラストレーターもフォトショップもスマホアプリも不要。

ブログはもちろんTwitterでも使える!

 

記事を書いた、しかし最後のアイキャッチ画像を作成する一手間が面倒!

といってココナラなどで頼んでも
1画像1000円から5000円ぐらい取られる。

canva(webアプリ)やスマホでアイキャッチ作成もいいけど…
一つ一つの画像をアプリで作成するのに手間がかかる。

これ、ブロガーあるあるですよね。

画像は時間が掛かるし、
クオリティに絶対的な基準がない・・・

どうせなら、

「あ、社長!!!ブログで使うアイキャッチ画像案を50個作っておきました」

こんな恐ろしく都合のいいデザイナーが
専属で欲しい・・・

こう思ってたところでした。

デザイナーの腕としてはプロ級でなくていいし、そこそこオシャレなものができればいい。

とにかく爆速で不平不満とか言わない専属デザイナー。

でも そんな人を一人でもまともに雇うと
はっきり言って
月30万円以上かかる

りんやん
りんやん

「ブログのアイキャッチに時間をかけたくない」
「手動でひとつひとつ画像に文字入れするのは面倒くさい」

と言うことで

画像作成の依頼を1,2回する程度の金額で
圧倒的に、量を重視する方向で
恐ろしいスピードで文字入れ画像を量産していくツール

を作りました。

超時短ができる画像文字入れツールです。

【アイキャッチストック】ギャラリーはこちら

(Googleフォトへのリンク

【Lite版】で作成したもの

【PRO】キーワードテーマ-greenで作成したもの

【Pro】キーワードテーマ-Loveで作成したもの

【PRO】下帯のみ-womenで作成したもの

【PRO】下帯のみ- dreamで作成したもの

【PRO】クリスマスで作成したもの

【PRO】犬で作成したもの

画像文字入れサンプル

動作ポイント

csvファイルをドラッグ&ドロップするだけ

の超簡単作業です。

下記のような「文字が入った画像」を何百枚でも量産可能です。

画像に自動文字入れツール サンプル1

画像に自動文字入れツール サンプル2

画像に自動文字入れツール サンプル3

画像に自動文字入れツール サンプル4

画像に自動文字入れツール サンプル5

画像に自動文字入れツール サンプル6

画像に自動文字入れツール サンプル7

画像に自動文字入れツール サンプル8

文字が入った画像を自動で量産するツール

文字入れ画像の作成スピードは1画像につき1秒~1.5秒くらいです。

開発の背景として

 

「ブログに画像はあったほうがいい?」=YES(SEO上)

「画像に文字入ってたほうがいい?」=YES

「記事中に複数画像があったほうがいい?」=YES

「それ、全部自分でできる?」=無理!

なのでこの工程を

「ほぼ自動でできたらスピードの面で圧倒的な差がつけれる」

みたいなところからこのツールが生まれました。時短大好き!

画像を自動でダウンロードして

  1. タイトル
  2. キャッチ
  3. ディスクリプション

が入った文字入れ画像をどんどん作ってくれます。
(もちろんタイトル文字のみとかも選択可能)

爆速ですが生成される画像クオリティとしては

ココナラなどで1000-5000円で納品される画像
とあまり大差ないのかなって感じです。

結構満足いくものができました。

これくらいのスピードでポコポコ画像量産可能です。
(動画は開発段階時のもの)

まさに文字入れ画像の量産工場です。

ラインナップ的には

  1. 背景画像を自分で決めたり自動でダウンロードできるPRO版
  2. 決まったテンプレート画像にのみ文字を入れるLite版

の2種類があります。

pixabayからの画像自動ダウンローダーとしても側面も持ちます。

Photo Embed by Google Photos

上記はpixabayより「LOVE」で検索して自動ダウンロードしている動画

「文章読むのめんどいから、もう申し込みたい」って素晴らしい方は

そこそこオシャレなアイキャッチ画像を全自動で量産

例として自分でアイキャッチを作る場合

  • 背景画像が大体いつも同じになる(面倒)
  • そもそも画像を選ぶのにすごい時間がかかる(目移り)
  • かっこいい文字フォントがPCに入ってない(気がする)
  • 30分くらい頑張ったのに・・・何かが違う(ノーセンス)
  • フリー素材サイトにかっこいい画像がないから・・・と外部のせいにしてしまう(責任転嫁)

などが挙げられます。

で挙句の果てに

自分のセンスの無さを棚に上げて真顔で

りんやん
りんやん

うーむ。フリー素材ではやはり限界があるな・・・

とか言ってしまう始末。(私のこと)

だからまずやらないといけないのは

その都度画像を選ぶ手間をなくすこと・・・でした。これ本当に大事。

このツールに任せておくと
画像選択の段階では一切悩みません。

そもそも、

ベースになる画像が
キーワードから自動でpixabayよりダウンロードできて
そこに自動で文字が入っていく

のですから当然です。

だから一つの例として
出来上がったものから選べばいいわけです。

現時点での結論:

アイキャッチ画像などそこそこで良い。というか、画像の中に何が書いてあるか?のほうが大切

自分が必死になって選んでPhotoshopなどで作ったものも満足するのはその時だけ。
3日後ぐらいには、また直したくなる。

自分でもこんなレベル・・・です。

なので記事を読んでるユーザーからするとセンスのいい画像などあまり重要ではない。ということになります。

そもそも画像に文字を入れる場合
その文字のほうが重要で
それ以外のところに時間を使うのは本末転倒です。

ブログで言えば、
記事も書かずに

WordPressのテンプレばっかりいじってるようなものです。

背景画像選びや、文字の大きさ・位置に悩むくらいなら

そこに表示する文字の工夫をしたほうがよほどインパクトがあるブログになります。

自分で画像を用意しない場合は

 

目安として以下のような画像を完全自動でダウンロードして

すべて文字が入った画像に変換してくれる

という認識でOKです。

 

以下、pixabayでの画像検索結果

https://pixabay.com/ja/photos/girls/

https://pixabay.com/ja/photos/baby/

https://pixabay.com/ja/photos/beauty/

ユーザーをピックアップして文字入れするのも可能です。

https://pixabay.com/ja/users/Tama66-1032521/

【Lite版】文字だけのアイキャッチ画像をどんどん量産するツール

Lite版では好きな画像に文字を入れることはできませんが
予め用意されたシンプルなテンプレートに文字入れが可能です。

画像は別にいらない・・・って方に!

サイト管理する上で記事タイトルはもちろんその記事の見出しも
CSV保存しておくと便利ですね。

をCSVを見ると大体いつどんな記事を書いたのかが分かります。

要するに自分のコンテンツの可視化ができるわけです。

だから、シンプルな画像を用意できるツールも
別にLite版として用意しました。

用意されたテンプレートに
クリック一発でどんどん画像を合成します。

このスピードがあるからこそ、

あなたのブログの過去記事をCSVにまとめて
一気にアイキャッチ画像を出力してしまうのも容易にできます。

本格的な画像作成ツールは数多くあります。

しかし、画像を恐ろしいスピードで量産する
(しかも文字入れ)
ツールは見たことがないです。

文字データ用意して1時間放置すれば3000枚位の画像がローカルフォルダに保存されます。

【アイキャッチストック】こんな方にオススメです

  • 毎日コツコツ1つの記事を書き続けているブロガーさん
  • サイト量産型のアフィリエイターさん
  • 過去記事のアイキャッチ画像に大量に文字を入れたい人

基本的にはブログやサイトを彩るのがアイキャッチ画像の役目です。

実際、外注オンリーで作ったサイトでも
アイキャッチ画像はあるのとないのとでは
やはり華やかさが違います。

そして、ここだけの話

ちょっぴり強引な手段で量産したサイトであってもアイキャッチ画像をしっかりと設定してあれば一見すると丁寧に作られた印象になります。

何よりも、ものすごい速さで
すごい種類の画像を出力してくれますので

 

ツール「今回この画像でこの文字の色で50案作ってみましたけど?」

あなた「やり直し」

ツール「了解です。もう一度やってみます。」

 

みたいなやりとりが平気でできるわけです。

文句一切言いません。笑

できあがった画像が気に入らなければ
ドラッグ&ドロップでゴミ箱に捨てるだけです。

「あれ?これ、ブログのアイキャッチ以外にもいろいろ使えるんじゃ・・・」

と思ったあなた、さすがです。

ブログ以外でのネットビジネスはもちろん・ローカルでも様々な使い方ができるはずです。

りんやん
りんやん

アイキャッチ画像の作成だけに使うのはもったいない

ブログ以外にもまたこんな使い方もできます。アイデア次第

  • 外国語単語学習ロボット(フラッシュカード)
  • スライドショー型の動画を作成するYouTuber
  • ツイッター名言画像ボット
  • 毎日の占いをボットに
  • 依頼されて記事を書いている立場でもアイキャッチ画像や見出しの画像も納品できる

だいたい今思いつくのはこんな感じですが
アフィリエイトサイトやブログ以外にもかなり活用できます。

単語帳・フラッシュカード

例えばフラッシュカードというか単語学習帳などは

Googleのスプレッドシートの翻訳関数が
各言語に自動変更してくれます。

単語レベルならほぼほぼ正確

だから英単語さえ用意できれば
全自動でこんなエゲつないこともできてしまいます。

英単語300をスプレッドシートで100言語に自動翻訳した例

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1dU-ey7VCeNTJoJF8B2YzpYQdze3cF5gVpHUIfSSSNjg/edit?usp=sharing

これをすべて画像にしてしまい、
Twitterbotを作成する

といった事も考えられます。

パウロー

やばい・・・

 

テスト的に作成した英単語bot(ダサいです)は下記です。1時間に1単語ずつつぶやくように設定してあります。

そして、このツールで作った画像は
再利用例として

すべてGoogleスライドなどに格納してしまい
プレゼン形式にして
そのへんの外国人に依頼して
単語動画を作っても良いと思います。

ワンソース・マルチユースが画像で簡単に実現できます。

このように、文字入れ画像を自由自在に量産できるのは
結構色々なところで強めになるはずです。

今現在私は思い付かないですが、

これからいろいろな方と相談するにつれて
様々なアイデアが出てくると思います。

また、それも共有していきたいと思います。

「アイキャッチ・ストック」機能紹介

ツールの動作手順は
通常版・Lite版ともに非常にシンプルです。

通常版の機能

  1. 文字入れしたい文章、カラー設定などをcsvファイルに記入
  2. ツール実行
  3. キーワードやユーザーによる画像をpixabayより自動ダウンロード
  4. 気に入らない写真を削除する
  5. ダウンロードした画像にcsvデータを参照に自動文字入れ

これが通常版の一連の基本動作になります。

1,背景画像選別・自動ダウンロード

画像は予め用意してもいいし
面倒ならキーワードだけ指定すると

pixabayで100個ほどの画像を自動でダウンロード

して文字入れを行います。

オート・手動・なんでもokです

2,文字入れエリアは3つ設定できます

タイトル
キャッチコピー
ディスクリプション【タイトルの補足説明】

の文字を自由に設定できます。

3つもいらねーよ

って方は1つでも2つでもOKです。

文字色も自由に変更可能です。

が、あなたのサイトにマッチした文字を
あらかじめ1パターン決めておけば
そこまで変更はないでしょう。

また、タイトルやディスクリプションは固定で、キャッチコピーの文字色だけランダム

みたいな選択もできます。

3,フォントは自由にインストールすることができます。

Windows内蔵フォントに依存しません。

だから、やろうと思えばアラビア語などのフォントもダウンロードして文字起こしすることができます。

(canvaなどはこれが不可能)

4,バックグラウンド(すかし)の色・濃度など変更可能です。

色はwhite~blackまで好きに指定でき
透かしの濃度も0(なし)~0.1(薄い)~1.0(ベタ塗り)

要するに透過率0%から100%まで自由に選択可能です。

ちなみに背景色はほぼ、黒、一択になるはずです。(次の候補が白)

赤・緑などにするととたんに素人丸出しの気持ち悪い画像になります。

(上記の画像は)

5,文字&ボックスを表示する位置は7パターンから選択できます。

左上
左中
左下

ど真ん中

右上
右中
右下

の7つです。

(上記の画像はど真ん中に設定)

もちろん変化を持たせたいときはランダムというモードもあります。

とにかく大量に生産できて色など意外な組み合わせが結構面白いです。

Lite版の機能

  • 背景画像は10パターンから選択可能(オリジナル画像の選択は不可)
  • 文字入れ位置はセンターのみ
  • 文字フォントはメイリオ
  • 背景色の透かし・枠線はなし
  • 文字色は選択可能(ただし3つを別々に選択するのは不可能)

結構、機能は限定されています。

私はおもにアイキャッチではなく
記事の中で使う画像にはこちらを使っています。

アイキャッチ画像であれこれ悩むよりキャッチコピー・文言に時間割くべき

このツールのコンセプトは

「ココナラで数千円で依頼するレベルのクオリティの文字入れ画像を1,000個・10,000個単位で簡単に作成してくれる画像デザイナーを雇う」です。笑

買取価格でこの値段です。

ブログやアフィリエイトサイト以外の部分でもかなり使えます。

また、要望に応じて
頻繁ではないですがバージョンアップも行う予定です。

Lite版【4,800円】

シンプルな画像生成に適したタイプ。
分速50枚の高速作成

通常版【14,800円】

画像DLから生成まで一括処理。
超速で個性的なアイキャッチ作成

2つセット【17,800円】

上記2タイプのセット割引パッケージ

ご購入は下記フォームからどうぞ

ブログのアイキャッチ画像は一気に作って時短!