【驚愕の執筆数】1ヶ月20万円以上をランサーズで稼ぐ主婦とSkype対談

「クラウドソーシングでWebライターとして記事を書いているけど満足に稼げてない方」へ

先日ご連絡いただいた方で
ウェブライターで圧倒的な作業と収入を得られる方がおられました。

記事を書くときや外注さんへのアドバイスで参考になるかな?

と思い私からメールのやり取り⇒Skypeをお願いしました。

まだ20代の主婦の方ですが

月に20万~30万円を
クラウドソーシングのウェブライター(記事執筆)のみで稼いでおられる
結構すごすぎる方です。

アフィリエイトでこの金額は珍しくもなんともないのですが、
クラウドソーシングのライター作業だけで
月20万円から30万というのは 間違いなくトップクラスに入ります。

私はこのスタンスでやれと言われても絶対に無理なので
ある意味尊敬してしまいます。

最初に断っておきますがこの方は

外注化というテーマで
私がクラウドサービスで依頼しているライターさんとは真逆の人物です。

クラウドソーシングは私はクライアント目線で書くことが多いですが今回はライター視点で稼ぐための記事です。

まだWebライターとして満足な稼げてない方は
ぜひとも参考にしてみてください。

(私はクラウドソーシングで稼ぐのを推奨してるわけではないんですが
在宅ライターとして稼ぐ作業量の目安として知っておく価値はあると思います。)

たぶんほとんどライターの人は
「自分の作業量と比較して絶望的」になってしまうと思いますが…

1ヶ月20万円をランサーズで稼ぐ20代主婦の圧倒的作業量

1ヵ月の執筆本数は脅威の200本から300本

とにかく圧倒的な量をこなしておられます。
その数、月200記事オーバー

この時点ですごすぎます。

ちなみに1つのクライアントではなく
複数のクライアントと契約していて
1つのクライアントに付き

月30本
とか
月50本

とかの単位みたいです。

アフィリエイト記事ではなく
恋愛コラムや美容全般がやはり得意でクライアントの需要もあるらしく
また、

「自分も知識があるので圧倒的に早くできる」

とおっしゃってました。

しかしまあ、ライター業務で月200記事以上ってのは凄すぎ!

って思いましたがその方は

「こんなのまだまだで、もっとすごい人はいくらでもいる」

と言っててさらにビビりました。

「徹底した時間管理」 1つの記事に時間をかけない

リサーチから執筆終了まで1つの記事にかける時間は30分以内。

納品形態はクライアントによって違うらしいのですが
オーソドックスにメッセージ欄にzipファイルをまとめて添付する

というスタイルのようです。

納品形式は少しパソコンに詳しい方なら
柔軟に対応できると思います。

しかしすごいのは
キッチンタイマーをパソコンのそばにおいておき
絶対に1記事30分以内に終わらすようにしている。

ということです。

そうすることによって
初めて自分の本当のパフォーマンスが出せると説明してくれました。

で、こうして時間を決めないと

  • 時間を制限(締め切りを設定)してるときに比べて5倍位の時間がかかる
  • 単価が決まっているのに時間をかけすぎると自己嫌悪になる

とはっきり仰ってました。

私も締め切りの効果は実感しているのですが

5倍も開きが出る

というのは実感したことがなかったのである意味衝撃でした。
がこれはある意味理解できます。

たしかに小学生の算数問題とかは
終了時間を決めないと早くならないし

先生が

「今日中にはなんとか仕上げましょう」
みたいなレベルでは
計算問題が強くなるどころか

惰性が働くので

「計算能力が逆に遅くなり、嫌いになる」と思います。

なかなかアフィリエイターの方でも明確な時間を設定している人はいないし

普通の人なら

(記事作成は自由。そんな苦痛なことを毎日続けたらストレスで死んでしまう)

と考えると思いますが

時間制限により記事作成がとんでもないスピードが達成できれば
逆にアドレナリンが出まくって
ものすごい快感らしいです。

時給2千円以下はやらない

プロのライターだから金額にはこだわるべき

1日頑張って記事を書いて4,000円いかないような仕事はしない…

この作業に対する対価も徹底されてました。

8時間くらいでの金額らしいのですが
実際これくらいの金額で作業しているライターさんはお仲間にも結構多いそうです。

で、ここからが問題で
その金額で作業を続けると色々精神的に疲弊してくるとか…

その金額で長く続けると

「ライター業を副業としているはずなのに
ウェブライターの中では下層の位置づけになり、
自分の仕事および作成した記事に全く自信が持てなくなる。
結果続かないしなによりも自信がない状態で記事を書くと作成に時間がかかる」

まあ、私がパートナーとしている外注さんはこれと真逆の人で

どちらかというと

「記事作成が楽しい。わ~い」

みたいな人なのでアマチュア感覚です。

副業でプロとして ウェブライターで食べていくシビアさ
というのが痛感できました。

やっぱりなんでもそれなりの金額を稼ごうとなると
はっきりとしたビジョンと戦略が必要ですね。

「納品」という対価をもらうレベルでの仕事は
この時給や日給という考え方が非常に重要だと思いました。

ライター業とともに実は外注もやっていた

これも結構面白いですよね。
この方はライターで稼ぎつつ同じランサーズでクライアントとしても活動してるそうです。

理由は単純明快で

「ライターとして得た金額の使いみちが一番生かせると思ったから」

この考え方ができる人ってなかなかいないと思います。

何文字をどれくらいの金額で?


聞くのを忘れましたが
だいたい月に3万くらいを目安として色々なライターを雇っているそうで
このあたりの記事を調べていて当ブログに行き着いたみたいです。

聞いてないですが
たぶん、こういう方はライターからクライアントに移行した方なので
記事を書くアドバイスとかもすごく明確にできると思います。

どういうアドバイスをしているのか?
も含めて再度Skypeで質問してみようと思います。

まとめ

今回の対談の話しは私が依頼してる外注さん
もしくは
これから依頼したい外注さんのターゲット
とは真逆のところにいる人ですがライターとして稼ぐという点ではすごく勉強になりました。

特に印象に残ったのは

「副業ライターなんだから自分の時給や文字単価に真剣に向き合うべき」
じゃないとお金を基準にしているライターはそれが低いとどんどん自分の能力に否定的になる

といった部分でした。

まあ、私の仕事を手伝ってくれてる外注さんは
あえてこの部分の方は選ばないようにしてます。

その方ももちろんそこは分かっていて
「外注ライターにもホント色々な目的で記事を書いてる人がいる」

なので楽しく仕事できればいいや
みたいなスタンスの人が多いのであまり関係ないのですが

仕事として記事を書いておられる方は
この作業量や意識の持ち方をぜひ、参考にしてみてください。

ついつい記事作成に時間をかけてしまう人は
とりあえず締め切り(制限時間)を作ってみるところから始めてはいかがでしょうか?

それだけで作業効率が今までの5倍以上になるかもしれません。

---------------

メルマガ登録はこちらです。

スマホの方は空メールでも登録できます。

アフィリに関する疑問・質問などはお気軽にお問い合わせフォームよりお願いします。

有料noteを徐々に公開中

【1冊目】ライティング効率化

・ブログで100記事以上書いているけど全然収入に結びつかない
・アドセンスのRPMがかなり低い
・ブログを始めてみたいけどいちばん重要なポイントを知りたい

そんな方へ

・アドセンスブログでも商品が売れる
・1PV当たりの収益も大幅にアップする
・なぜ、ネットで稼いでいる人はすごい金額を稼いでるのか?

が分かるようになります。

>>アフィリ記事は●●から書け!目からウロコのライティング思考

【2冊目】アフィリエイト外注化
(8冊のノートが入ったマガジンになります。マガジンをご購入いただくことで全てのnoteが閲覧可能です)

外注化についてプロジェクトをメインに
300円のタスク作業で膨大な文字数を集める手法も公開!

・タスク300円で8000文字以上集める方法
・100円で質の高い記事を書いてもらう方法
・ライターへ出すタイトル修正の指示
・長くお付き合いしていくための考え方

などが分かります。

>>BLOGアフィリ記事 外注化マニュアル

各noteの詳細・目次などは下記のボタンからご覧いただけます。

りんやん-有料note一覧

コメントを残す

*