長文の音声合成も可能!Amazon Polly S3の登録方法

先日ご紹介したアマゾンポリーでの音声合成ですが

すぐに視聴したり、音声をダウンロードしたりできるのは、文字数制限があり3000文字までと決まっています。

3000文字以上のテキストを音声にしたいときは
ストリーミング?のようにその場でできずに
アマゾンのクラウドに保存予約をする必要があります。

このクラウドをS3というらしい・・・

Simple Storage Service で(S3)
ネーミングセンスも素晴らしい!

で、これは自分で名前を決めてあらかじめ作成しておく必要があります。

Pollyの画面から適当にS3予約をしても
作ってなければエラーが出ます。

という事でAWSのS3クラウドに新規パケットを作成して音声合成ファイルを保存する方法を解説します。

AWSにS3の新規アカウントを作成する手順

1,AWS(Amazonウェブサービス)初期画面よりすべてのサービスを展開させる

AWS初期画面

  • AWSマネジメントコンソール(要はAWSの初期画面)
  • すべてのサービスを展開する

### 2,ストレージ→S3をクリックして開く

S3を新規作成

・要するにデータを保存しておくところを決めるということ

3,新規にパケットを作成します

S3に新規でパケット容量を作成する

4,パケットの名前をアルファベットか数字で入力

S3のパケット名をアルファベットで決定する

5,既に誰かが使っている名前は使用できないです、この辺はIDと同じ

次へ進む

6,何やら難しいことが書いてあるので、秒速で「次へ」を押す

変更せずに次へ

7,こちらの画面もアマゾンから「変更しないこと」を推奨されているので、そのまま

こちらの画面でも変更しない

8,新しいパケットがS3にて、合成できたらAmazon Pollyに戻る

Amazonポリーの音声合成画面

今回はその場でダウンロードを選ばずにS3に向けて合成をクリックします。

9,入力するのはパケットの名前だけでOK

新規で作成したパケットの名前を覚えておくこと

新規作成した名前が出てくるのではなく、パケットの名前を覚えておかなければいけないので注意

10,ファイルが完成するのに、そこまで時間はかかりません

ステータスが完了になるのを待つ

ただし、ここで存在しないパケット名などを入力してしまうと、ステータスが、後ほど失敗になります。

11,Amazonポリーの画面からではダウンロードできないのでS3に移動します

S3に移動してダウンロード

12,適当に名前を付けたりしてダウンロードする

反省した音声合成ファイルをS3からダウンロード

試しに文字制限の上限の10万文字フルでやってみたら、ファイルの容量は95MBぐらいになってしまいました。汗

まとめ

本当に凄い時代になってきましたね。

アイドルみたいな特徴ある声に特化したボイスロイドよりは
ちょっと魅力に欠ける感じがありますが、無料でここまで出来るのは凄いと思います。

本格的な音声のSSMLタグを使うことで実現可能です。

何よりも10万文字もの容量まで対応してくれるのはありがたいです。

前の記事でも書きましたが1ヶ月間500万文字まで1年間無料で使えます。

ぜひ色々なシーンで使ってみてください。
個人的にはちょっといいなと思った記事などを音声にして
車やバス、自転車に乗る時など持ち歩いて聴いてます。

有料note
累計500人以上の方にご購入いただきました。ありがとうございます。

メルマガ
時短リサーチツール&ブログ戦略レポートを無料プレゼント。

サポート教材
特典および60日~365日Skypeサポート付

お問い合わせ
アフィリエイト・ブログ運営に関することならお気軽にどうぞ

コメントを残す

*