ノウハウ教材・ツール

【アクセス数より収益額】少ない記事数・文字数で圧倒的に稼ぐコツ

ログ記事の順位、アクセス数(PV)に一喜一憂してませんか?

ここを第一に考えてる限り
売ることの本質にはたどり着けない可能性があるので注意です。

今回も中古ドメイン+高収益アフィリエイトのお話

前回の高単価アドセンスのノウハウ及び中古ドメインを販売した結果

多くの人が実践してくれて
それなりに成果を出して頂いてます。

⇒高単価ジャンル攻略マニュアルの感想&実践者様の声

★このノウハウは中古ドメイン申込みの付録としておつけしてます。

以前は高単価アドセンスマニュアルだったのですが

アフィリ高単価ジャンル攻略マニュアル

に変更しました。

紹介ページはこちらです。

【卸売価格で】格安中古ドメイン+アフィリ高単価ジャンル攻略マニュアルのご案内

今回の販売期間は終了しました。次回ご案内までお待ち下さい。

が、しかしアドセンスは最近
1サイトごとの審査が必要になり

ちょっと考え方を補足しておきたいと思います。

あなたがこの先ネットでのアフィリエイトで収益を上げ続けたいときの考え方

【問題】質の低いサイトを量産してもアドセンスの審査が通らない

がこれは解決策は簡単。
ASPに切り替える。だけです。

事実私の所有サイトで
アドセンスを外してASPに切り替えたところ
アドセンス貼ってる時以上の収益を上げたものもちらほら。

面倒なので画像使いまわしですが・・・

そうなんですよね。

案件さえあれば

この
「少ないアクセスでとんでもないRPMを叩き出すやり方」は

単価の高いASP案件とも
とんでもなく相性が良いです。

Googleアドセンスがサイトごとの審査性になったのでこの戦略はもう使えないのでは?

って人は(結構多かった)

ちょっとネットビジネスの
上辺しか見えてないのでご注意ください。

で、こう考えてしまう方の特徴として

  • 5000文字くらいの記事を書かないと上位表示・稼げないと思い込んでいる
  • 本来、上位表示は手段なはずなのに上位表示してPVを稼ぐことが目的になっている
  • キーワードで長文を書くことを盲目的に信じすぎてそのワードの先にいる人の事をほとんど考えたことがない
  • アフィリエイトのど真ん中の知識には異常に詳しく応用的な知識はあまりない
  • 作業量よりも情報収集量のほうがはるかに多くとくに今話題になっているノウハウに敏感

などが挙げられます。

体重55キロより45キロのほうがモテる

と美容雑誌を見て勝手に信じてる状態です。

ちなみに2019年現在は
長文と上位表示の因果関係は
直接的にはほとんどありません。

そして、このやり方はそんな場所では勝負しません。
自民党より社民党

  • キーワード選定が難しい
  • 上位表示できるワードが見つからない
  • 真面目にやってるのに一向に収益あがらん

これは圧倒的に
ホームランを狙いに行きすぎ

結論としては
アドセンスサイトの量産ができなくなったのなら
ASPを貼れば良いだけです。

アクセスPV・上位表示・コンテンツの質
もちろん大事ですが取り組むジャンルのほうが100倍大事です。

でも、ASPって制約させるのは並大抵の事じゃないよね?

いや、それは
成約から遠いワードをあえて選びすぎてるから

何となく商品選定をしてしまってるから

というか、記事を書いているうちに

「あ、この項目リンク貼れそうだし楽天貼っとこ」

みたいな人も多いです。

この辺りをあまり考えずに
上位表示できそうなキーワードを適当に選んで
なかば強引にその中で商品を紹介する。

もしくは文中の中で
明らかに説得させることを意識している

これでも売れる時は売れるんですが
これは

「スーパーに来る主婦を相手に、切れる包丁の対面販売をするようなもの」

であまり効率は良くないです。ターゲットは主婦ってだけでその他がない。

巷のノウハウは集客ページの作り方しか教えないところが多すぎる

これが

「Googleアドセンスから入って、今もそれ1本で稼いでる人の大きな弱点

だと思ってます。

なぜならアドセンスの場合

「PV(アクセス数)さえ取れれば良い」

って考えが強すぎるからです。

※地元のスーパーより伊勢丹で打ったほうが人多いから買ってくれる確率が増えるよねってやつですね

結果として

「月感検索数しか見ず」(これは別にひとつの手法として悪いことではない)

「この商品を必要としてる人が検索するキーワードは?」

という所を全く見ません。

アドセンスなのでそもそも商品がないから

これが多くの人が誤解してるところですが
広告業ってアクセス数だけじゃなくて
集客の属性もものすごく大事です。

アドセンスも広告

なのですがあまりその辺を意識しなくても
とりあえずアクセスを集めておけばよい。

「後はアドセンスが何とかしてくれる」

って風潮が広まりすぎてるような気がします。

ブログというかアフィリエイトに正解はない

だから色々とやってみれば良いと思います。

「コツコツもそれはそれで良い!でも、はぐれメタルも倒したい」

というかサイトのパターンなんて
正解ないしあえて言うなら
稼ぎが良かったものが正解です。

だから色々と試すのが一番近道で
その中であなたに合ったやり方を見つけていったらよい。

という事になりませんか?

え?なりませんか?
あ、そうですか。
いや、なるって言ってくださいw

 

りんやん
りんやん

美味しい料理を一番早く作る方法は?って問題に

「出前を取る」って発想もありだということです。

 

1円浮かぶ池と1万円浮かぶ池。あなたならどっちに釣りに行く?

釣り堀に例える

この長文SEO
および
PVぶんどり合戦

少ないアクセスで
効率よく稼ぐのは

魚釣りに例えると
(skypeでは必ず言ってました)

一円玉がとにかくたくさん沈んでる釣り堀(お客多すぎ)

1万円が数枚プカプカ浮いている池(知ってる人は知ってる)

のような感じです。

 

一円玉の釣り堀はとにかく人が多い多い
とにかく周り中人だらけ

とにかく1日中釣りができる時間がある人

も多いです。

朝早くからその池に出向いて夜までずっと一円玉を根気よく釣り続けてる

 

中には

50人くらいの人間を雇って
釣りをさせてる社長(外注化)もいます。

パウロー

そんな人多すぎなところで戦いたくないわ

一方、1万円札の池の方はというと

こちらはほとんどの人はそんな場所がある事を知りません。

だから行っても釣りしてるのは数人

で、ほとんどの人は労力をかけたくないので
ほんの数分で1万円札1枚を釣り上げたら

「じゃ、お先!」って帰っていきます。

「とにかくアクセスが来るまで頑張って記事を作成しましょう」ってそんなこと誰でも言えるわ

  • キーワード選んで
  • 2時間以上リサーチして
  • 5時間かけて1万文字書いて
  • 毎日休まず
  • 1年コツコツやったら
  • 月10万安定した

ってこんなものノウハウでも何でもないです。
(言いすぎ?)

続けたら稼げるのは当たり前

でも

そこまでの道のりがあまりにも長く
見返りが少なすぎるから

みんなできない

だから悩んでるんですよね。

富士山登ったら
圧倒的に有名になれると思いきや

「あれ、町内会長のおっさんに表彰されて終わり・・・マジで・・ウソ」

みたいな感じです。

すべての人が
「ダイエットしようと決意して毎日42キロ走ったら世の中からデブはいなくなります」

世の中は正論が大好物なので

「コツコツが正義」

ですがネットビジネスは
学校のテストと違って正解はありません。

初心者ブロガーの方はここから入るとプール開きの遊園地状態

このノウハウは実は

ブログ作ってというか、アフィリ始めてまだ1ヶ月とかの人にぜひ知っていただきたいです。

この段階の人は

「なるほどやはり」
って納得してくれる可能性がかなり高いです。

というか、この段階で
こういう方法もある
ということを知っておいていただきたいです。

ブログ始めて年数が経ってしまってると
なかなかこちらの考えにシフトできません。

自分の中でブログというのの形ができあがってしまってるので潜在意識が強烈に拒否します。

※「私が住んでるタイのお年寄りは絶対に刺身を食べようとはしない」

考えを間違えてPV主義から入るとエライことになります。

レッドオーシャンです。
芋の子洗う夏休みの遊園地のプールです。

なぜなら、初心者ブログのノウハウは
この辺しか教わらないからです。

だからお教室で長時間頑張ってる初心者がうじゃうじゃ

だから、この考え方を理解しておくと
【運営報告】初⚫⚫PV突破しました!
がぜんぜん羨ましくなくなります。

最近のブロガーサロンなどでは
あまりにもPVだけゴリ押しし過ぎだと思います。

でコツコツと書いたら
1日かかるような長文記事
を書くように支持されます。

りんやん
りんやん

PV上位表示主体より
商品主体・ゴール主体で考えて見てください。

アクセス需要があるキーワードではなく商品に対して需要があるワードです。

出てくるキーワード、、、
全く違います。

で、それはあなたの頭の中に
元からあったワードでもないはずです。

※ほとんどの人がコンテンツとして長文・PV数ばかり見てる時は、あえてその逆を見ると違った世界が見えてきます。

私はコンテンツSEOを否定してるわけではなく
色々なやり方があることを知って頭の中に定着しておいてほしいのです。

※いわば、バイリンガルアフィリエイトです。

日本語だけしか話せないより
色々知ってたほうが何かと便利・・・

コンテンツ横展開の技法

最初に初心者ブロガーが教わる特色として
とにかくコンテンツを掘り下げた縦展開があります。

これはこれでもちろんOKですが
アフィリエイトサイトの場合は
横展開(水平展開)も大事です。

ほとんどの人は意識してない
というか
教わらないからできてない

と思うのですが

私のマンダラートを使った記事量産のやり方でも

同じテーマで複数の記事を書く

これは基本です。(外注ですが、ライターさんも1つリサーチすると8記事かけるのですごく効率がいい)

特にASPアフィリエイトのような個人のブランディングが必要ない場所では

リサーチして1記事しか書かないなんて勿体なさすぎます。

そもそもキーワードツール使っても

「似たようなワードがいっぱい出てきます」

でその中の一つだけ選んでたった1記事を書く

なんてのはあまりにも非効率で
直感でいけそうなワードが5個あれば

全部狙いたいところです。

この高単価アフィリエイトノウハウでは
これをドメイン単位で実験・実践していきます。

(ひとつのブログでやると類似コンテンツになりかねない)

ブランディングが必要なブログとは真逆の路線で

もちろん自分の名前を出して勝負するときはこんなサイトは作ったらダメです。

「ちょっとこのブログ文字数少なすぎ、同じこと書きすぎ」

逆にブランドダウンです。

やるとしても色々とオプションで集客機能がある
Twitterや、アメブロなどを使うべきで

ワードプレスでこんな事やっても

「記事読ませていただきました。いや、詳しくまとめられて感動しました」

とは絶対になりません。

ただ、ASPアフィリエイトではOKです。
というかむしろこっちの方が有効です。

色々なワードでテストできます。

滞在時間よりも収益額

【コンテンツ例】ちょっ!腹が痛くなってきた

例として下痢・腹痛、この例は色々なところで書いてるので読んでいただいたかもしれないのですが

①運転中に急にお腹が痛くなってトイレを探してる

キーワード
「コンビニ トイレ ここから近い」
「トイレ 近く」
「下痢止め 即効」

のと

②最近車に乗ってる時、頻繁にトイレ行きたくなるのでその原因を探している

 

キーワード
「朝食後 お腹壊す」
「車通勤 腹痛 対策」
「突発性 下痢 対策」

のは全然違います。

 

①は

「500メートル先左曲がるとローソンがあり、その中にトイレがあります」

でOKです。

②は

「家を出て車に乗ってしばらくしてお腹が痛くなる5つの原因は?」

とかで結論と根拠も提示しなければ
読んでも信用して貰えません。

例えばこのワードで下痢止めハライタストップを紹介する場合は

「ハライタストップは確かに即効性はすごいですが、その分飲んだら胃がムカついたりする副作用があります」

とかの説明が必要です

がしかし、①のワードは非常に簡単です。

上のまさにピンチの人にそんな説明は不要。丁寧に説明しても

「俺は、今なんだよ!」

と言われるだけです。

はい、これちょっと副作用キツイけど1番効く
ってだけ。

でほとんどの初心者向けノウハウでは
②のような対策記事の書き方しか教えないです。

役に立つし、コンテンツとして量も書けるからです。

りんやん
りんやん

でも、本当に商品必要としてる人はどちらでしょう・・・

パウロー

ぐぬぬ

こんな感じのちょいと普通とは真逆の手法をマニュアル化しています。

で、このノウハウの温度感として

「キーワードの月間検索数が大事ですよね」いや「あまり」気にしなくて良いです。

「1日PV100程度です。」それってものすごいブログですよ

「ブログ記事数20もないんです!」いやそれ普通

「文字数多い記事書けません!」私も書きたくないしこのやり方では1500文字を目安

1日100PVで5-10万なら結構可能性あるんでは?

テストして、そこまでコンテンツに労力を注がなくても
ガンガン売れていくキーワードを発掘していきます。

そのためには大量のドメインでたくさんテストを行います。

現在、当サイトでは
品質の良い中古ドメインを
どこよりも安く販売しています。

物販アフィのノウハウでは
大量ドメインでのテストがほぼ必須です。

10年ほど前に一世風靡した
アフィリエイトファクトリー
という商品がありますがまさにキーワードの本質をついた商品でした。

このファクトリーのノウハウも
30サイトを1グループとしてどんどんサイトを量産していく手法です。

今回のこのマニュアルは
このファクトリーの考え方を
より作り方やワード選定を簡単にしたもの

と考えていただいて大丈夫です。

「少PV高単価」か「多PV低単価」どっちにしようか

どっちもやって
どっちも面白い

のがネットビジネス(アフィリエイト)です。

ただ、稼げるのはどちらでも稼げますが
重要なのは

  1. 色々なやり方を知っておく事
  2. 収益サイトの分散化

です。

アドセンスなんていつ規約が変わるか分かりません。

Google「来年からトレンド系は広告貼るの禁止にするし」

って言われたら

トレンドブログはもはや
次の稼ぐ方法がなく
月100万PVあるのに
収益額10000円程度のゴミサイト

になってしまいます。

だから、今PVだけでアドセンスで稼いでる人も
とにかく収益の出るサイトの作り方とキーワード選定
は絶対に知っておくべきです。

というわけで中古ドメイン+マニュアルのページはこちら

アフィリ高単価ジャンル攻略マニュアル

紹介ページはこちらです。

【卸売価格で】格安中古ドメイン+アフィリ高単価ジャンル攻略マニュアルのご案内

申込みフォーム

今回の販売期間は終了しました。次回ご案内までお待ち下さい。

ペラサイト作成時のキーワード選定やタイトルの付け方のポイント

ペラサイトのタイトル・キーワード選定

3,【売れる商品を見つける】ASP・公式LPでチェックすべきポイント

からの続きです。

「とりあえず商標ペラを量産したけど…全然稼げません…」

ペラサイトであまり結果を出せてない人は

  1. とにかく商標キーワードだけを量産している
  2. しかも、あまりスピードが早くない

こんな傾向にあります。

そのために、やってほしいのは
当たり前ですが商標ワードオンリーで勝負しない…

ということ。

今回は商標キーワードのメリットとデメリットを
もう一度確認しつつ

悩みからキーワードを選定する方法や
タイトルを付ける時の考え方

などについて見ていきたいと思います。

続きを読む

【売れる商品を見つける】ASP・公式LPでチェックすべきポイント

ペラサイトで扱う商品選定

前回

2,【無謀な量産は必要ない】ペラサイトを作る時の心がまえ

からの続きです。

サクッとサイトを作成…って言ってもそもそも何が売れるか全然わからないんですけど…

今回はASPからアフィリエイトする商品を選ぶ時に
チェックするべきポイントについてです。

いくら、自分で使っていてお気に入りの商品

でも

それが売れるかどうか…というのはまた別問題です。

もちろん実際に使ってみてすごくいいもの
であれば売れる可能性が高いですが

特に使ってない商品を扱う場合は
売れるか売れないか・・・・
の見極めは本当に重要です。

アフィリエイターは
商品が売れて初めて収入になります。

自分の想像で適当に商品を選んで
とりあえず記事の下に貼っておく…

なんてのは論外です。

だから、アフィリエイトは特に物販の場合は
売れる商品を扱う…ということが大前提です。

売れない商品をいくら頑張っても売れませんからね。

その上で、今回は私がジャンルを選定した後
扱う商品の選定について書いてみます。

大きく分けると

  1. ASPのチェック
  2. 公式LPのチェック

の2つに分かれます。

続きを読む

【無謀な量産は必要ない】ペラサイトを作る時の心がまえ

ペラサイト量産

この記事は前回

1,ストーリーで稼ぐペラサイトの具体的な作成方法-概要編

からの続きです。

「ペラサイトって大量生産しなければ稼げないんでしょ?」

ペラサイトは
ただの1ページのサイトで売上を上げていくサイト

なので巷ではとにかく数を作れ!量産だ!

などと言われています。

私的にはペラサイトは

「もちろん量産は大切だけど、焦って闇雲に数だけ増やしても売上は上がらない」

と思っています。

今回はペラサイトに取り組む前の対する立ち位置
というかマインドセット的な記事です。

続きを読む

ストーリーで稼ぐペラサイトの具体的な作成方法-概要編

ペラサイト作成
1,稼ぐペラサイトの具体的な作成方法
・資産型パワーブログに毎日書くことがない
・トレンドアフィリエイトの記事更新のイタチごっこに意味を見い出せない
・ルレアのショートレンジ実践で挫折した

今回は

そんな方のためにピンポイントで
ユーザーを狙い撃ちするペラサイトの作成方法を解説していきます。

特に

「トレンドアフィリエイトのような記事の大量生産に価値を見い出せない」

ような方が対象になります。

私のブログでは主に

パワーサイトを一つじっくりと作って
アドセンスとアフィリエイトの両方で稼げるサイト

の作り方を解説しています。

しかし、これはあくまで
これからブログを始めようとしている方に向けて書いた記事で

実は、

1ページだけのサイト
から
10記事くらいしかないサイト

もかなりの数を作成しています。

内訳でいうと

記事の数の合計は圧倒的にパワーサイトのほうが多い

ですが

所有しているドメインの数は
パワーサイトのドメインの10倍以上はあります。

こういう話をSkypeで色々と話していると

「小規模サイトの作り方をまとめて欲しい」
という要望が結構ありましたので

今回、サイト作成ツールも新たに購入したこともあって何回かに分けて記事にしていきたいと思います。

続きを読む

【Remote mouse】スマホのGoogle音声入力をパソコンに直接反映させる裏ワザ

Google音声入力
って変換精度は素晴らしいけど痒いところに手が届かない!

パソコンやスマートフォンで使える「Google音声入力」

音声認識精度も非常に正確で、私たちが話した文章を
いとも簡単にテキスト化してくれます。

しかし、そんな頼もしい味方
「Google音声入力」も使っていくうちに

「もうちょっとこうあったらいいのに」

みたいなことがたくさん出てきます。

私もアンドロイドスマホを人からもらったので
Google音声入力もちょっと試してみたのですが

認識精度は文句ないけれども
とにかくまどろっこしい部分が多い。

特に気になったのは次の3つ

  1. スマホのGoogle音声入力→句読点や改行などが入力できない
  2. パソコンのGoogle音声入力→ChromeブラウザのGoogleドキュメントしか入力できない
  3. 認識できる時間がいつの間にか終わっていてそのことを知らずに話し続けてしまう

最後の、「音声認識終了時間があいまい」
なのは別にして、最初の2つは

スマホをマウス化できるアプリ

で解決できます。 続きを読む

家族旅行中の1週間パソコンを使わずiPad だけで記事を量産した結果

今日は雑記です。
こちらのブログの更新が滞ってましたが
1週間ほど家族旅行に出かけていました。

で。ついでに、音声入力で記事を書く実験もしてました。

「パソコンを持っていかずにスマホだけでどれだけ記事が書けるか?」

正確にはiPadですが・・・

特に文字数を書く事にこだわってテストしました。

手法については、本を参考に自分の文章を作っていきます。

旅行中の特にスキマ時間を狙ってコツコツ書きます。
コマ切れ時間を使うやり方はは頭でじっくりと考えたものを
文章に起こす作業は難しいです。

そんな感じで…

旅行中のちょっとした隙間時間と、
子供が寝た後の少しの時間を利用して
音声入力だけで1週間、記事を書き続けました。 続きを読む

【お悩みリサーチ】知恵袋から1時間で記事テーマを100個作る具体例

「いざ、ブログを始めてみるとだんだん、どんな記事を書いていけば良いのか分からなくなってくる」

この悩みの根本原因は

・リサーチのやり方のコツがつかめていない

ことです。

ほとんどの人が
キーワードツールや検索の虫眼鏡ツールをなんとなく見て記事のテーマやタイトルを決定しています。

ただ、それではなかなかニーズに応える記事は書けません。
なぜなら、キーワードという表面上のことしか決定していないからです。

断言しますが
キーワードツールなんて参考にする必要はありません。

本当に深い悩みを抱えている人は
そんな単純・薄っぺらいキーワードでは検索してきません。

ということで 続きを読む

【外注に依頼した記事のコピペ対策】3つの判断ポイント

コピペだけで適当に作られた記事をたくさん投稿してしまうとある日突然アクセスがガクンと下がることがあります。(経験済み)

  • 外注さんに納品された記事のコピペの許容範囲は?
  • コピペが発覚した時の外注さんへの対処は?
  • リライトはどの程度までやるべき?

など、様々な質問を頂きます。

ちなみに私は記事のコピーペーストのすべてが悪いと思ってるわけではないです。

基準としては、

  • 情報をまとめるためのコピペはOK
  • 明らかな意図(悪意)があってただコピペをしたものはNG

こんな感じ。 続きを読む

【ブログのテーマ決め】作ってはいけない趣味ブログの典型例

ログのテーマを適当に決めてしまっていませんか?

  • なんとなく書けるなと思ったジャンルだから
  • 完全に自分の趣味だけでテーマを決めてしまっている
  • 売る商品はあるけど5万円以上稼ごうと思うと…

ブログのジャンル決めはとても重要。

ここを間違うといくら記事書いても満足な収益は上がりません。

ブログを書くジャンルで迷っている人はとても多いです。

ということで今回は反面教師。

最初からこういうブログを作ってはいけない

というサイトの特徴などについて
書いていきたいと思います。 続きを読む