【無謀な量産は必要ない】ペラサイトを作る時の心がまえ

ペラサイト量産

この記事は前回

1,ストーリーで稼ぐペラサイトの具体的な作成方法-概要編

からの続きです。

「ペラサイトって大量生産しなければ稼げないんでしょ?」

ペラサイトは
ただの1ページのサイトで売上を上げていくサイト

なので巷ではとにかく数を作れ!量産だ!

などと言われています。

私的にはペラサイトは

「もちろん量産は大切だけど、焦って闇雲に数だけ増やしても売上は上がらない」

と思っています。

今回はペラサイトに取り組む前の対する立ち位置
というかマインドセット的な記事です。

闇雲な量産=ドメインの死体の山を築くだけ

アフィリエイトで重要なのはやはり商品リサーチ

ここを短時間で終わらせてとりあえずあまり知識もないまま作ったサイトが売れるはずがありません。

それは、

スピード重視でただ量産しても同じことが言えます。

だから、このように簡単にできるペラサイト作成だからこそ長期的な目標をもってください。

ペースは人それぞれですが

個人的には
1週間で2つ程度の作成で充分と考えています。

合計文字数も1万文字以下

これくらいのペースであれば
リサーチに時間をかけて
サイトも愛情を持って育てることができます。

それでもなんと

1ヶ月で8サイト
1年で100サイト

作成することができます。

ドメインもキャンペーン中のものを購入すれば
1ヶ月の予算は300円~3000円程度です。

それでも1年後には100サイトの
オーナーになれます。

この手の量産でよくありがちなのが

「最初の2ヶ月ほど頑張って50サイトほど作成し力尽きてしまう」

というものです。

量産というコンセプトだと
ルレアのノウハウあたりになりますが

異常なスピードで頑張っても
あとが続きません。

うさぎとかめの話ではないですが
この手のサイト量産は長期スパンで見てください。

無理のないペースでしかも売り上げにあせらずにチャレンジしていったほうが明らかにメリットが大きいです。

逆に言えば

 

「3ヶ月後にはアフィリエイトで20万円の報酬をどうしても作りたい」

という方には向いてません。

 

だから初めのうちはこの方法をメインと考えずにサブ的な位置づけの作業として取り組んでいってもらえればと思います。

商標キーワードは攻めてもほどほどに

ちなみに新発売の商品の商標キーワード(商品名のキーワード)だけを狙って量産する手法もあります。

が、これはおすすめしません。

初報酬までは近いのですが
この手のサイトの寿命はかなり短いです。

  • すぐに作れば上位に来るが後からどんどん他の人がサイトを作成してくる
  • 誰もサイトを作らない商品はそもそも売れない商品

ペラサイト10サイトに1つくらいは
商標キーワードで攻めてもいいですが
基本的には

「悩みの深く、購買意欲が高いワード」
で攻めるようにしましょう。

この手の量産で

「1サイト30分で年間1000サイト近く作った」

人がいますが

最終的には

「サイトを作るペースよりもサイトが死んでいくペースのほうが早くなった」

ようなので

簡単に作れるからと言って

・知識ゼロから適当にキーワードを決めての量産
・安易な商標キーワードでの量産
・自分の限界を超えるまでのサイト作成づくり

は長い目で見ると意味をなさないので
まず、ここだけは意識して取り組んでいってください。

作成を始めるにあたって重要な考え方

キーワード選定のスキルを磨く場所(テスト)

全てのサイトで売れると思わないこと

ペラサイトを作成する場合は
初心者の方は打率2割から3割ぐらいで考えてみてください。

当たり前ですが、10個作って10個とも売れるようなサイトなんて
絶対に作れません。

経験を積むことによってこの打率を上げていけばいいのですが
やはり最初のうちは数をこなすことが重要です。

と言っても無理のないペースで

しかも同じようにやるんではなくて、
毎回趣向・展開を変えて10個か20個程度作ってみてください。

自分なりのパターンが見えてくると思います。

私は基本的にペラサイトは

「タイトル・キーワード選定のスキルを磨く場所」
「どんな文章が反応が良いのかを見極める場所」

として活用しています。

これで売れる!と言うテーマやストーリーが決まったら
メインの記事数の多いサイトにも応用していきます。

あらゆるキーワードでストーリーを展開するスキルも身につきますし
作ったものは決してムダにはなりません。

全く売れないサイトのドメインは
1年後に更新しなければ良いだけなので
作成するのにあたってほとんど損はありません。

1年経って

  • 一つでも商品が売れたサイト
  • かつ、まだ圏外に飛ばされてないサイト

のみ更新します。

だから、あまり金額的なこと時間的なことは考えずに
最初は気軽に作成してみることをお勧めします。

200も300もサイトを量産する必要なし

あくまでサブ軸の作業として取り組むこと

人には向き不向きがあります。

アフィリエイトをやっている人の中には
ペラサイトオンリーで構築している人もたくさんおられます。

もちろんそれがその人にあっていることなので
悪いとは言いません。
むしろ尊敬しています。

私の場合は、いろいろなサイトでリスク分散をしたいのでペラサイトは、たくさんあるサイトの種類の一つとして捉えてます。

アドセンスだけのサイトもやりますし、
AdSense+ASPのハイブリッド型サイトも作ります。

そして、テストの場としてペラサイトオンリーのサイトも作ります。

ほとんどのブログで、
「ペラサイトは量産が必要」
と書いてありますが
最初からフルパワーで頑張っても燃え尽きるだけです。

冒頭の「1サイト30分で年間1000サイト近く作った」はかなり極端な例ですが

このように、ある程度の量産が必要ですが
やみくもに量産したところで
稼げないサイトを増やしてしまうだけになります。

だから、200も300も量産する必要はありません。

あくまで.最初のうちは
あくまで趣味の段階で留めておいて
ポツポツと売れるサイトが出てきたら
本格的に取り組んでいってください。

「私が稼ぐ方法はこれしかない」
と焦って1ヶ月の間にものすごい数のサイトを作成しても
それは無駄に終わる可能性の方が高いのです。

外注ライターにこれを任せるのはかなり難しい(本文のストーリー展開)

ストーリーを外注するのは自分がある程度教えられるようになってから

「あなた自身がストーリーが簡単に書ける」
ようになるまでは
外注ライターさんにこの仕事を振るのはかなり難しいです。

私がペラサイトを作るときは
体験談をベースにしたストーリー展開のサイト
を作る事が多いです。

これは最初の時は外注ライターさんに任せるのはキツイ。

もちろん、購入体験のある人に外枠だけ書いてもらう
というのはありだと思います。

しかし、記事の中身まるまる依頼してしまうと
かなりずれたサイトができあがってきます。
(過去経験ずみ)

そのために、まず最初は10サイトとか20サイトくらいは
あなたが実際に書くことを経験してみること。急がないで

その上で、自分のストーリー展開のマニュアルを作ってライターさんに渡してあげてください。

例えば、「プロアクティブを使ったことのある人.体験談をお願いします」

このような募集の仕方で記事を書いてもらっても
ほぼ100%売れるサイトは作れないので注意してください。

あくまであなたの展開のやり方がわかってから外注するようにしてみてください。

で、お次にペラサイトを作る時に誰もが抱く疑問などについて

【疑問】サイトが圏外になるリスク?

ペラサイトに限らずどんなサイトでも起こり得る

ブログもペラサイトの集合体

一つの記事がGoogleの検索圏外に飛ばされるリスク

これは、何もペラサイトだけに限った話ではありません。

たくさんの記事が入ったブログの中の一つの記事が、
検索圏外に飛ばされることは往々にしてあります。

それが、毎回変動しているから
つかみにくいだけです。

私は、どんなサイトもペラサイトの集合体だと考えています。

だからこそ、

「何もしていなくても飛ぶときは飛ぶ」

こんな感じで、どんどん作っていくのが正解ですね。

メインのブログを300記事構築するのと、
ペラサイト300サイト構築するのと

ドメイン取得の手間などはありますが
基本的には同じです。
だから、あまり恐れずにチャレンジしてみてください。

いつか簡単に「あれ?このサイトで売れている」と言う経験をすることができるはずです。

検索上位に上がるまでリンクをつけ続けないこと

上位に来るまでリンクを付け続ける

これをやってしまうとキリがありません。
無意味な作業が多くなりすぎて
特に初めての方はサイト作成作業が嫌になります。

料理屋でのバイトで
皿洗いばかりさせられてるようなもの。

私の場合は、インデックスさせるため
基本最初の1つか2つしか
リンクをつけることありません。

どちらかと言うと
検索順位を上げるためではなく
googleにインデックスさせるためにリンクを送る

キーワード次第ではこれだけで上がります。
まあ、これをやったところで上がらないものも存在するのですが…

ただし、最初にリンクを付ける作業をせずに作って放置はダメです。

必ず、最初はどこかのサイトから1つはリンクを送るようにしてください。

あなたが今持っている
無料ブログからでも
独自ドメインからでも構いません。

これをやらずにまったく何もしない。

独自ドメインのサイトをただ作っただけで放置では半年たってもGoogleにインデックスされないことがあります。

あくまで趣味の延長で余裕を持って!

ペラサイトは様々なテストができるところが面白いところです。

そして、それが駄目だったところで
せいぜい1日の数時間の記事作成作業が無駄になるだけです。

リサーチした知識はムダはなりません。

ドメインなんて、1年たったら更新しなければ良いだけ。

だから、リスクなく取り組める

これがペラサイトのメリットだと思います。

基本私は、記事の多いパワーサイトでも
ペラサイトを軸に構築することが多いです。

なので、ほとんどのサイトはテストとして稼働して
売れているサイトはラッキーみたいな感じ

1週間に2つサイトを作ってもいい…
1週間に1つサイトだけでもいい…

こんな感じで、自分のペースで取り組んでいってください。

【ペラサイト作成・心がまえ】まとめ

今回はペラサイト(1ページから5ページぐらいのサイト)を作るときの考え方などについてまとめてみました。

記事数の多いサイトは良い

記事数の少ないサイトはダメ

こんな定義はどこにもないです。

ペラサイトはひとつのページだけで商品を売るサイト

これなかなか高度なテクニックなんですね。

そして、ここを突き詰めていけば、
どんな記事数の多いサイトにでも応用できるわけです。

要するに、自転車のスポークの中心部分を作るわけですから

関連記事:【集客と販売ページ】アフィリエイトのサイト構成は自転車のスポークで考える

ペラサイトがうまくいけば
それをリライトして規模の大きなサイトに設置すればアクセスの分母は多いので、それだけで売れるということです。

商標キーワードのサイトは除きますが、
これでポツポツ売れるようになるとかなり自信がつくと思います。

だからこそ、

「1ページしかないサイトなんて、2018年は通用しない」みたいな情報に惑わされずに

スキルアップのばしとしてドンドン作っていってください。

次は、ペラサイトでの商品選定のポイントなどについてです。

ペラサイト作成ツールはこちら

【アッチューマのレビュー】SIRIUSと比較した7つの違い

---------------

有料noteを公開中です。りんやん 有料note一覧ページ

2017/11/27-【リサーチ】箇条書き文章を見ながらコンテンツを無限に量産する方法-チャトレ編 をマガジンに追加しました。

メルマガ登録はこちらです。 スマホの方は空メールでも登録できます。

アフィリに関する疑問・質問などはお気軽にお問い合わせフォームよりお願いします。

有料noteを徐々に公開中

【1冊目】ライティング効率化

・ブログで100記事以上書いているけど全然収入に結びつかない
・アドセンスのRPMがかなり低い
・ブログを始めてみたいけどいちばん重要なポイントを知りたい

そんな方へ

・アドセンスブログでも商品が売れる
・1PV当たりの収益も大幅にアップする
・なぜ、ネットで稼いでいる人はすごい金額を稼いでるのか?

が分かるようになります。

>>アフィリ記事は●●から書け!目からウロコのライティング思考

【2冊目】アフィリエイト外注化
(8冊のノートが入ったマガジンになります。マガジンをご購入いただくことで全てのnoteが閲覧可能です)

外注化についてプロジェクトをメインに
300円のタスク作業で膨大な文字数を集める手法も公開!

・タスク300円で8000文字以上集める方法
・100円で質の高い記事を書いてもらう方法
・ライターへ出すタイトル修正の指示
・長くお付き合いしていくための考え方

などが分かります。

>>BLOGアフィリ記事 外注化マニュアル

各noteの詳細・目次などは下記のボタンからご覧いただけます。

りんやん-有料note一覧

コメントを残す

*