【アドセンス稼げない】100記事以上書いても収益が伸びないブログの特徴と対処法

今回は「私怒ってます」相談!

「ブログ100記事以上書きました。1記事2000文字以上書きました。アイキャッチ画像も入れてます。タイトルもちゃんと考えてます。なのにアドセンスで全然稼げません。クリックされません。というかアクセスすら無風です。これどういうことなんでしょうか?アドセンスの報酬画面はみんな捏造してるとしか思えません」

といった、キレ気味で
ちょっとこじらせた内容の相談をいただきました。

りんやん
りんやん

「アフィリエイトをこじらせる」って聞いたことないけどそんな感じでした

ということで

記事の量産とブログの方向性について悩んでませんか?
  • そろそろ100記事・・・なのに全然アクセス伸びない・全然稼げない
  • このままの方向で200・300と書いていって良いのか不安
  • このやり方で続けていっても稼げる気がしない・明るい未来が全く見えない

このままのやり方で続けていっても結果が出ないかも・・
あれ、ひょっとして私、ムダなことして、、

今、そんな感覚に陥っていませんか?

そんなあなたの勘は

じつは

ほぼ当たっています。

残念ながら今の状況ではそのまま仮に500記事書いても収入はほとんど変わらない

という

あまりに過酷な現実が待っています。

数百記事書けば必ず一定の結果は出たのは完全に過去の話です。

頑張って記事を量産しても無駄な努力に終わらないために・・・・

ポイント

1つのブログで
100記事書いてもあまり変化がなく行き詰まってる方が今すぐに方向性を改善する指標をお伝えします。

とその前に

コンサル受けても全然稼げなかった方の体験談をお聞きください。

【ブログ収益増えない・・・】コンサル申し込んで300記事書いてもアドセンスで稼げなかった体験談

今回は1つの体験談をご紹介します。

冒頭の

「月に10万円以上の金額をアドセンスでほったらかしで稼いでいる人がいる事自体が、いまだに都市伝説じゃないかと思っています。」怒号

というこの方も現在主婦業の方で

その傍ら、

  • 芸能トレンドブログではない
  • 自分の生活で得た知識の雑記ブログ
  • 運営期間は8ヶ月ほど
  • 記事数は300記事以上

のブログを運営されていて

 

1日の収益は

アドセンス50円以下

一ヶ月の収益は

1000円以下

 

という結果になってます。

そしてこんな結果にもかかわらず

1年で払ったアドセンスのコンサル費用総額80万円!

まあ、この数字をどうこう言うのは今はやめておきますが

何にせよ、この方に聞いた話は

りんやん
りんやん

コンサルのアドバイスがひどすぎる

の一言につきます。

かなり高いコンサルフィーをとっているにも関わらず

ブログ記事のテーマに疑問に思った本人が
「これでいいのでしょうか?」
って聞いても

「今は記事を増やす時期ですよ。しっかりと記事を書いていけばドメインパワーが上がって上位表示されるようになります。」( ー`дー´)キリッ

と、、、これしかアドバイスを貰うことなく7ヶ月程度努力し続けてしまったそうです。
(私には絶対にできないのである意味で尊敬しています)

この話を聞いたとき…

りんやん
りんやん

こんなアドバイスのみで80万か・・・ボロい商売だな・・・

と思った記憶があります。

ほんと現在では

素人に毛が生えたようなコンサルが横行

していてその結果、

大量の稼げないアドセンス雑記ブログ難民が発生

しているのが大きな特徴です。

この方も今ではコンサルには見切りをつけられたそうですが

このような稼げないアドセンスブログを量産している人は氷山の一角のようなものでけっして少なくはないと思います。

はっきりというと

アドセンスのコンサルってそこまで多くアドバイスすることはなく、限られてます。

なので、とにかく高額で体育会系の匂いのする場所には近づかない注意が必要です。月極契約なら早期に離脱するのが正解です。

「ただただ頑張って記事を書こう!的な内容の塾やコンサルは、数10万円のお金と数ヶ月の時間を浪費する可能性があります」

ということでこのようなブログをいくつかチェックしてみて全くアクセスも収益も伸びないサイトは様々な特徴があります。

【収益が伸びないアドセンスサイト】特徴と対処法

自分の書けるテーマだけを記事にしている

「自分の好きなテーマで記事を書いて稼げるのはほんの一握り」

何を書いても稼げるような錯覚をさせて
数百記事量産させる手法

このように説明する
アドセンスコンサルタントが多いような気がします。

しかし、このやり方は非常に聞こえは良いですが、これで収益的に成功できる確率は非常に低いです。

・たまたまテーマが良かった
・たまたま時期がよかった

このように、結構運に左右される部分が大きいですね。

 

ドラゴン桜を執筆された三田紀房さんですら(プロの漫画家)

「儲かる市場の穴(要するに隙間)をまず探す」からスタートされている位です。

 

まったくの初心者が
自分の好きなテーマ書けるテーマだけで記事を書いて

稼げるほど甘い世界ではありません。

闇雲な量産よりも最初の戦略や設計図が非常に大事だということ

でもここを教えてくれる人って本当に少ないです。

そして、その人が仮に稼げなくても

「記事の質が足りない」
「書いた記事の量が足りない」

このように言っておけば
ほとんどの人が納得するので
最初に変なことを言って生徒の数を減らす必要は無いのです。

パウロー

1000回料理作ればお店出せるって言ってるようなもんやな

タイトル・ファーストビューが雑

「本来は記事よりも、
タイトルや見出し
そして導入文章にパワーを注ぐべきはず。
なのにそれが逆になってしまっている」

これも全然結果が出ない人あるあるです。

あなたは記事本文はめちゃめちゃ頑張って書いてるのに
タイトル・見出しなどがかなり適当になっていませんか。

(というか記事を書き終わったら燃え尽きてしまい、タイトルや見出しをどうこうするパワーが残ってない状態)

例えて言うなら

「味はそこそこおいしいのに、店構えがボロボロの料理店」

みたいな感じでしょうか。

この方法で記事を書いている人の特徴に

「書く前に何の下準備もせずに、ネタを思いついたらすぐ本文執筆にかかる」

こんな傾向があります。

あなたはどうでしょうか?

勢いで書いた文章でももちろん良いのですが
やっぱりちょっともったいないです。

重要なのは記事を書く前の作業です。
ここで結果の8割決まります。

記事を書くのはスタートラインではなく
実はほぼ終盤の工程です。

パウロー

(はい!ここテスト出ます)

仕込みをしっかりしてないと
良い料理を作れないのと同じです。

いくらお店の味が良くても
外見が悪かったり
全然宣伝してなかったら

そもそも認知すらしてもらえません。

だから、本文ももちろん大事ですが
それ以上にタイトルや見出しそしてファーストビューの文章が非常に大事です。

ただ初心者の人は

「これだけ頑張って書いたので読んでもらえるだろう」と思いがち…

私の文章は読まれるだろう症候群

でも実際は

  • しっかりとアクセスのあるキーワード選定
  • そしてクリックされるタイトル設定
  • 読み進められるファーストビュー
  • 検索エンジンにも読者にも理解できる見出しの構成

この辺がおろそかになっていると
いかに頑張って書いた文章でも

読まれる事はないしそもそも
アクセスすら見込めません。

しっかり本文を書いているにもかかわらず
「何故か全然アクセスも収益もない」

と言う方は、

毎回、冷蔵庫にある余り物の材料だけでオリジナルの料理を作ろうとしてる状態

のような感じです。

それももちろん重要なんですが
それ以上に「記事の外見」を良くする努力をしてみてください。

ブログの記事本文は二の次とは言いませんが
まず外見あっての中身です。

いくら性格は良くても外見がダメダメなら相手にされません。

キーワード選定が月間検索数ボリュームしか判断材料がない

「売れないキーワードばかり扱ってPV戦争に突入」

これも悪いとは言わないのですが

「ボリュームが多くて、誰でも思いつくキーワード」

はそれだけ今現在のライバルも多く将来のライバルも果てしない

と言うことになります。

そもそも、

「アドセンスで月10万円稼ごうと思うと1日10,000 PV必要」

このような常識がそうさせてしまっているのですが

商品紹介型アフィリエイトの中では

「アフィリエイトで月10万円稼ごうと思うと1日2桁PVで充分だよね」と言う考え方があります。

「売れる市場で戦う戦略」

ほんとこれものすごく大事ですよ。

またこれはアドセンスだけの時でも充分通用する考え方です。

何が言いたいかと言うと

「あなたはみんながいる釣り堀で勝負しない」

ということです。

あなたは初心者が大量に群がる釣り堀の中で魚釣りをしたいですか?

そんなところで無駄な努力をしない!

そのためには今、雑記ブログで書き殴っている人は大幅な修正が必要かもしれません。

私はバスケットボールやビリヤードが趣味なんですが

そんな記事を書いても収益化に全く繋がらないので書きません。

りんやん
りんやん

趣味ブログは収益化できますが、アドセンスで収益化するのはあまりにも効率が悪いです。それなら自分でコミュニティを作ったほうがいいです。

「質の良い記事」を大量に書けば稼げると思っている

「美人はモテると言われているのと同じ!しかし基準があまりにも不安定でそれ以外に判断材料がない」

アドセンスで稼げないのは

「記事の質が良くないから」

このように言われます。

しかし、質問ですが

「記事の質って何でしょう?」と言う事

ここに対する明確な基準ってないですよね?

Googleは
「質の良い記事を上位表示する」
と言っているだけです。

しかし我々に、明確な判断基準がなく

結果、

「上位表示できているから稼げるのであって、その記事が決して良い記事とは言えない」のです。

だから判断基準というか
フォーカスするところは

「記事の質」ではなく「上位表示できるキーワード」

と言うことになります。

パウロー

ボトルネックともいうのかな

ここを間違えてしまうと
完全なラットレース状態に突入します。

「記事の質に満点は無い」のです。

だから、

今現在自分の記事が上位表示されて100点

でも、

120点の記事が出てきたら順位が下がる

と言う解釈ができます。

なので、

「質の良い記事を書けばオーケー」だけでは不十分で、「上位表示可能な場所をまず探してそこに向けて記事を書く」のが先決です。

村1番の美人でも
都会に出たら通用しないのと同じです。

その結果現在のSEOはビッグキーワードを見てみると

記事の質がいいというかとにかく長い文章の記事が乱立するカオス状態になっています。

「オススメ130選!」(5万文字)

こんな強者が乱立するところで
個人が戦うべきではないです。

パウロー

コストコで検索してみるとびっくりするよ

雑記ブログで自分が書いても対して楽しくない記事を書いている

自分だけが書ける体育会系の記事量産方法が通用した時代は既に終わっている

アドセンス主体のブログでは
とにかく記事を量産します。

だからブロガーの人は
とにかくどんなことでもネタにしたがります。

なので、認識としては

「 書ける記事なら何を書いてもいい!」と言う認識のはずです。

この選択肢のあまりに広いのが実は問題で
そこまで自分の中で詳しくもなく面白くもないのに

「無理矢理ネタとして書こうとしてしまっている傾向がある」

と言うことです。

なので、

「体験談としてではなく、自分がちょっと興味関心を持った事でも書いてしまう」

りんやん
りんやん

結果、書いてる途中にだれてきてつまらない記事を量産してしまいます。

文章を書く練習用の記事などはいいと思うのですが収益を取るアクセスを取ると言う考え方で「何を書いてもいい」というのがOKの時代は終わっています。

一時的には上位表示できても
すぐ下がってしまう結果が待ってます。

だから、

「ネタが見つかった後何をするかと言うと、すぐに書くのではなくその場所が本当に空いているかどうかをまず確認する」作業が必要です。

「?」が複数入った見出しを量産している

「●が問題発生?原因は?用途は?どうしたらいい?」見出しでこんな文章を連発している記憶ありませんか?

例えばトレンドブログであれば

●の新しい恋人は?結婚は?過去に恋愛遍歴はあるのか?

みたいな、見出しに全てキーワードだけを詰め込んで疑問文を連発してるタイトルのこと。

特に、キュレーションサイトで多く見かける手法ですが
そもそも見出しに?マークがたくさんあるレベルで
文章としてすでにおかしいわけで

このやり方で作られた記事は
離脱率が非常に高い傾向にあるのでご注意ください。

ブログを書いている側としては

  • キーワードをたくさん詰め込めるのでSEO的に有利な記事になる
  • 疑問文を並べるだけでいいのでタイトルや見出しの工夫が必要ない

といったメリットがあります。

しかし、読み手にとっては

「ただただ読みにくい文章」
にしか映らないです。

客観的事実だけで「感情」がほとんど入っていない

書いてる人も読んでいる人もただ辛いだけの記事になってしまっている

先程の

「自分が書いても面白くない記事」にも共通することです。

とにかく、書こうと思ったネタを

Googleの上位検索サイトだけを調べて
すぐに書き始めてしまうのが問題。

ウェブライターとして納品するなら

「その記事が上位表示しなくても知ったこっちゃない」ので全く問題ないです。

ただ自分のブログでこれをやってしまうと
「書いてる側も読んでるが面白くない」記事が出来上がってそれを量産することになります。

こんな精神状態で書いた記事なんて読まれるはずないです。

よくあるのは

「私」「あなた」みたいな主語が全く入っていない文章。

にもかかわらず

「書いてても楽しくないのにすごい長い記事にしようとする」

傾向にあり、結果何の感情も入ってない無機質な記事を量産することになります。

努力しても間違った努力なら報われない

今回のポイント

「間違った方法で毎日500回バットを振る練習をしても腕が太くなるだけ」島田紳助

お金はまた稼いだらいいけどそれに費やした時間は戻ってきません。これはつらい

キーワードボリュームだけを見て
PV重視でアドセンスブログ記事を大量に量産

初心者に最もオススメの方法で
キーワードも無数にあるため
この教え方をする人がとても多いです。

しかし考えてみてください。

 

その分、「ライバルがめちゃめちゃいる」と言うこと。

しかもこの判断材料で書いた記事は
確かに上位に来ればPVは稼げます

しかし、販売にはまるで直結しない

だから、上位にいなければ一切稼げない

と言う流れになってしまいます。

 

だから、「初心者こそこの場所を狙ってはいけない」

と言うことになります。

アドセンスだけで稼ぐには

  • 超短期的な戦略
  • 短期的な戦略
  • 長期的な戦略

この3つのうちどれかが絶対に必要不可欠です。

それを全く無視して

「初心者が雑記ブログで稼ぐ方法」を教えてる所が非常に多いような感じで
例えば年間で100万円程度のコンサルフィーを払ったとしても
それはまた稼げば良いのですが

失った時間は絶対に戻ってきません。

全く無駄なところで1年間努力をし続けることになります。

初心者こそ、「稼げる市場をしっかり選んで稼ぐべき」

私の持論になりますが、ここを本当にしっかりしてほしいです。

あなたのブログです。

「6ヶ月努力を続けても、何の成果もない」

のであれば、それはおそらく間違ってる努力のはずです。

今回の記事の内容をじっくりチェックしてみてください。

軌道修正する場所が見えてくるかもしれません。

有料note
累計500人以上の方にご購入いただきました。ありがとうございます。

メルマガ
時短リサーチツール&ブログ戦略レポートを無料プレゼント。

サポート教材
特典および60日~365日Skypeサポート付

お問い合わせ
アフィリエイト・ブログ運営に関することならお気軽にどうぞ

あなたのアフィリエイト活動を一気に加速!

育児生活をきっかけに副業を開始してみようかな?と思っていませんか。妊娠中・育児中の今こそネットの中にしっかりとしたあなたの資産を築くチャンスです。今回このサイトを閲覧していただいた特典として

1,Q&Aサイトの質問・回答を自動で抽出するツール
2,トータル3万文字を超える育児アフィリエイトブログ戦略レポート
3,20万ワードを超える育児関連キーワード


の3つをプレゼントいたします。ぜひ、あなたのネットビジネスの一つの柱としてお役立ていただければと思います。

3つの特典を今すぐダウンロードする

コメントを残す

*