子育て中で忙しい主婦の方がたった20分で2,000文字の文章書き上げるための4つの手順

ここに行き着くまでが大変でした

ある程度ボリュームのある記事を家事や育児の間に毎日簡単に量産できるようになりたい

私は、結構な効率化マニアなので
とにかく、早い、簡単などという単語にとても弱いです。

自分で記事を書く作業も何とか効率化できないか?
外注さんや他の方でもできる方法はないか?

以前の私は、1日3,000文字くらいを必死で頑張って書いていました。
これは決して誇張した表現ではなく、1つの記事を仕上げるのに4時間以上かかったこともあります。

でも、

記事を1から書かない

この方法を取り入れてから今ではたとえ、1日に2万文字以上書くことも苦痛ではなくなりました。

必要なのはメモ帳とスマホだけ

とにかく、家事や育児の間の隙間時間を使って効率的に記事を作成したい!

こんな悩みをお持ちの方は是非この方法を参考にしてみてください。

クラウドソーシング等で文章を書くプロジェクトやタスク作業をされている方なんかにも参考になると思います。

ちなみにこの記事も、前日にメモ(1分程度)して20分程度で書き上げています。

(各見出しごとに文字数を表示している理由は途中まで読んでいただければ分かります)

この見出しの文章: 420文字

1つの記事(2000文字以上)をたった20分で書き上げるための手順

1,最初に記事のテーマと見出しの構成を紙にメモ

最初にメモ

・紙に書き出す作業は最も重要
・骨格がないのに肉をつけることができない
・できてもすぐに崩れる
・問題(悩み)/解決方法(複数)/締め/の順番

最初に、自分が思ってることや調べたテーマの仮のタイトルとキーワードや箇条書きの単位でメモ帳に書き出していきます。

意識していただきたいのは、その内容が問題なのかそれの解決方法なのか?

闇雲に書き出しても良いのですが、この2種類だけは必ず分類するようにします。

ある程度キーワードが出てきた時点でそのテーマに対する見出しを付けます。

・問題点を提示する
・解決方法を複数提示する
・最後にそれをまとめる

こんな感じの流れで見出しを付けます。

この作業が最も時間をかける作業。
今で言うところの目次、新聞で言うところの見出しになります。
要するに文章の骨格ですね。
これがしっかりしていないと、どんな文章でもおかしくなってしまうのでここはとにかく時間をかけて欲しいところです。

この見出しの文章: 440文字

2,見出しは5個ぐらい作る

見出しのチェック

・①問題点を指摘する見出し
・②解決策を提案する見出し(複数)
・③最後の締めの部分の見出し

この3つの見出しがあるだけで、ボリュームのある記事を量産できる事は説明しました。

ここでは、この記事を例にして説明したいと思います。

・問題点を指摘する見出し

この記事では、「ボリュームのある記事を量産できるようになりたい」という部分になります。

・解決策を提案する見出し

タイトルと少し被るのですが
「1つの記事をたった20分で書き上げるための手順」
として、具体的な流れをいくつか見出しで設定しています。

最初に記事のテーマと見出しの構成を紙にメモする
見出しは5個ぐらい作る
1つの見出しに対して400文字程度書く
音声入力を利用すれば400文字程度なら3分から5分程度

・最後の締めの部分の見出し

短時間で、文字数の多い記事が完成

という部分になります。
今回は合計で大見出しと小見出し合わせて7個になってますが、5つぐらいあれば充分だと思います。

この見出しの文章: 450文字

3,1つの見出しに対して400文字程度書く

タブレットで書く

2,000文字以上の文章はほとんどの人が書くことに抵抗がある

いきなり、2,000文字の記事を書いてください
と言われると、ほとんどの人が
「ものすごく大変そう!」
と感じると思います。

原稿用紙の枚数にすると5枚分

これを、すんなり書ける人はそれこそ小説家にでもなったほうがいいと思います。
ほとんどの人は、苦手意識が先行してなかなか筆が進みません。

でも400文字× 5個だとほとんどの人が書くことに抵抗がない

しかし、1つの見出しに対して400文字程度だと
誰でも結構すらすらとかけてしまうものです。

400文字の記事(正確には見出し)を5つ作成して1つの記事にする。
このように考えてみてください。

この数字は、誰でも楽に描ける1つの目安です。
もちろん、必ず400文字書く必要はありませんし400文字を大幅にオーバーしても何ら問題ありません。

事実、ネット上のある程度ボリュームのある記事はほとんどがこのように見出しから作られています。

この見出しの文章: 460文字

4,音声入力なら400文字は慣れれば3分から5分程度

iPhoneの音声入力

・キーボード入力が遅いから…記事を書くのが遅くなる

見出しを作るメモも完成した
見出しに対して400文字程度書いていくと言う方法もわかった

しかし、物理的に入力スピードは遅いんです

こんな方もおられると思います。
特に、スマホやタブレットしか持っておられない方などは
「その入力スピードは端末に大きく左右される」
ものです。

iPhoneのフリック入力はまだいいですが
iPadで外付けのキーボードを使わずに文章を書けと言われるとおそらく、400文字程度でも30分ぐらいかかってしまうと思います。

・音声入力を使って仕上げてみよう

そこでお勧めしたいのが、記事本文は音声入力を使って書くと言う方法

私のブログは「音声入力」という言葉が頻繁に出てきます。

・キーボード入力スピードも人並み程度
・肩こりがひどくなり、いちにちに3時間以上は入力できない

こんな状態から、全ての文字入力作業を音声入力に切り替え本当に快適に過ごせています。

考えながら文章書くと、(400文字の場合)
私の場合はキーボード入力なら5分~10分以上かかります。
しかし、音声入力なら慣れれば3分程度で入力できます。

そして、体への負担が全然違うので長時間作業することが可能です。

この見出しの文章: 560文字

短時間で文字数が多い記事の完成-そして量産へ

ブログ記事

以前の記事と少しかぶってしまっている感もありますが
「ブログの記事をすきま時間で簡単に書く」
というコンセプトで私なりのやり方を書いてみました。

「妊娠中や子育て中などゆっくりパソコンに向かう時間なんてない」

こんな方に、ぜひ実践していただきたいと思います。

メモ用紙とスマートフォンしか使わないので隙間時間を有効活用していただけます。

また、この方法は、自分の日記ブログのようなもの以外にも
ハウツー記事を作成する時やキュレーションのようなまとめ記事を作成する時にも使えます。

・この方法で1日5〜10記事書けば1ヵ月後には絶対に無収入になんて事は無いはず

まずは、この方法使って1日5度程度記事を書いてみてください。1ヵ月で100記事以上の量産ができると思います。

ここまでやれば、月5,000円なんていうレベルは誰でも突破できるはず。(ドメイン取った最初の月は期待できないかもしれませんが時間をおけば確実に収入は入ってきます)

1日に3時間も作業できればかなりの数の記事が量産できると思うのでぜひ試してみてください。

この見出しの文章: 480文字
記事の合計文字数:2800文字

---------------

有料noteを公開中です。りんやん 有料note一覧ページ

2017/11/27-【リサーチ】箇条書き文章を見ながらコンテンツを無限に量産する方法-チャトレ編 をマガジンに追加しました。

メルマガ登録はこちらです。 スマホの方は空メールでも登録できます。

アフィリに関する疑問・質問などはお気軽にお問い合わせフォームよりお願いします。

有料noteを徐々に公開中

【1冊目】ライティング効率化

・ブログで100記事以上書いているけど全然収入に結びつかない
・アドセンスのRPMがかなり低い
・ブログを始めてみたいけどいちばん重要なポイントを知りたい

そんな方へ

・アドセンスブログでも商品が売れる
・1PV当たりの収益も大幅にアップする
・なぜ、ネットで稼いでいる人はすごい金額を稼いでるのか?

が分かるようになります。

>>アフィリ記事は●●から書け!目からウロコのライティング思考

【2冊目】アフィリエイト外注化
(8冊のノートが入ったマガジンになります。マガジンをご購入いただくことで全てのnoteが閲覧可能です)

外注化についてプロジェクトをメインに
300円のタスク作業で膨大な文字数を集める手法も公開!

・タスク300円で8000文字以上集める方法
・100円で質の高い記事を書いてもらう方法
・ライターへ出すタイトル修正の指示
・長くお付き合いしていくための考え方

などが分かります。

>>BLOGアフィリ記事 外注化マニュアル

各noteの詳細・目次などは下記のボタンからご覧いただけます。

りんやん-有料note一覧

コメント

  1. Nori より:

    初めまして。
    Noriと申します。
    webライターをしております。
    1500文字の記事を書くのに3時間ほどかかってしまい時間と負担の軽減をしたいと思っております。
    音声入力に魅力を感じております。
    しかし、具体的な音声入力での方法を知りたいです。

    具体的には、記事作成を始めてから投稿するまでです。

    見出しの作り方や見出しの中の下書きなどの準備段階での具体的な方法。
    などという音声入力するための準備段階。

    そして、音声入力する際のやり方などです。

    お教え頂けませんでしょうか?
    どうぞよろしくお願い致します。

    1. りんやん より:

      noriさん。

       コメントの方ありがとうございます。

       音声入力のやり方ですが

      「 何を書くのかを事前に決めて整理しておく」

      これがほぼすべてだと思います。

      要するに、 リサーチ段階と記事を書く段階の2段階に分けるということですね。

      私の場合は、時間配分としては

      「何を書くかを決める」が8割

      「音声入力で書く」が2割

      このような感じです。

      リサーチの時間は、 記事を書くテーマによって大幅に変わりますので何とも言えませんが 

       マインドマップみたいなものを用意して手書きで書いています。 (私はマンダラートで書くことを分割してメモしてます)

      これさえしておけば、1,500文字くらいの記事なら だれでも20分から30分ぐらいの時間で書くことができると思います。逆にこれをやってないとキーボードより時間がかかります。

      音声入力が一通り終わったあとは

      キーボードを使って 見出しや修正などを行なっていくだけですね。

      何を書くのか?

      が決まっていれば猛スピードで書くことができますからね。

      早く書くコツは

      入力する前にすでに出来上がっている状態にしておくこと。

       この、作業を分けるというのが非常に重要なポイントだと思ってます。 

      1. Nori より:

        りんやんさん。
        返信ありがとうございます。

        何を書くかを決めて事前に整理しておく。
        その通りだと思いました。

        私の場合は、芸能系のネタが多く
        例えば、熱愛などの事実を調べるものや、アイドルグループの出演しているドラマについてなどを書く場合が多いのです。

        この際には、キーワードしか渡されないため、
        例えばですが、
        大島優子 熱愛というキーワードがあった場合に、まず知恵袋にこのキーワードを入力し、読者がどういった事を知りたいのかを調べます。
        (この例の場合は知りたいことが分かりやすいですがわかりにくいものもあります。)
        そして、この場合だと相手やその熱愛があったのかどうか、熱愛の詳細などを調べる必要があります。

        この調べる時間だけで1時間以上かかってしまいます。
        そして書き終わる頃には、3時間以上かかってしまいます。

        実際にやっている手順を貼り付けますので、アドバイス頂けませんでしょうか?
        手順1
        書くキーワードを選ぶ。
        手順2
        決めたキーワードを知恵袋で検索して悩みを音声入力で話して抜き出しリストにする

        その中からテーマになりそうなもの4つと、重要な単語や要素を抜き出す。
        抜き出したキーワードを見て記事全体の方向性を書いて、手順3に進む。

        手順3
        手順2で知恵袋から抜き出したキーワードで検索して解決策の詳細を調べて音声入力する。

        サイト内から文章に重要な要素と単語のみを音声入力で抜き出す。
        そのあと肉付けに必要な要素と単語のみを音声入力で抜き出して他のサイトへ。
        この繰り返しで情報を集める。

        手順4 見出しとタイトルを作る。
        キーワードを組み合わせて見出しを作る
        解決策を5つほど見出しとして書き出す。
        手順5 下書きを作る
        箇条書きの内容を話して記事の下書きを作る。
        15文字を10回繰り返しで150文字を話す。
        150文字を2回で1つの見出しの文字にする。
        手順6 下書きをiPadで修正する。
        下書きをiPadで文章の言葉や繋がり、誤変換などを修正する。
        手順7 画像を探し記事提出する
        記事に必要な画像を探して、記事投稿サイトに記事提出する。

        という以上の手順になっております。
        時間がかかるのが手順2.3.5です。

        アドバイスなど頂けますと幸いです。

        お手数おかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

        1. りんやん より:

          ・書く記事のキーワードを選ぶ
          ・知恵袋で検索して音声入力でリスト化
          ・キーワードで解決策の詳細を調べる
          ・見出しを作る
          ・下書きを作る
          ・下書きをiPadで修正する
          ・画像を探して入稿

          この7工程ということですね。

          1記事あたりの文字数が1,500文字ということなんで
          この記事作成工程はあまりにも多すぎると思います。

          几帳面で完璧主義な傾向の方にけっこうありがちなパターンかもしれないですね。

          答えは

          「時給●●円以下の仕事をしないと決めてしまう」

          が一番良い方法かと・・・

          キーワードはクライアントからだと思うので

          具体的な手順は2番目からですね。

          もし、私がやるのであれば芸能系の記事は
          知恵袋では調べないです。(知恵袋ではあくまで悩みのみ参照)

          Yahoo!ニュースやその他時系列に強いメディアの方が良いと思います。

          なので、作業工程としては

          ・キーワードが決まったらYahoo!ニュースやGoogle検索で調べる
          ・A4の紙一枚に書くべき内容をまとめる
          ・1,500文字音声入力で書く

          で、その後キーボードで誤字脱字を修正

          ここまで簡略化しないとだめだと思います。

          ライターさんの場合ブロガーとは違い
          時給いくらの換算なのか?が非常に重要。¥

          (ひとつの記事に対して1万円ぐらいいただいているのであれば3時間がかかっても良いのですが、、、)

          記事あたりの報酬額が分からないので一概には言えません。

          しかし、時給換算して千円行かないのであれば
          作業を短時間で済ませるしか方法はありません。

          (クライアントに報酬額を上げる上げてもらうのも現実的じゃない)

          なので、特ににトレンド系のような芸能系の記事は
          時間をかけてやるべきものではないです。

          だから、

          「時間をかけるよりも、いかに短時間で効率良く情報収集をして記事を作成するか」

          を考えないとダメですよね。

          そのためには、現在の工程を省略するしかないと思います。

          プロット作りには時間をかけていいです。

          しかし、それ以外の余計なところのリサーチは
          「出来る限り短時間で済まして」
          音声入力の工程も1つにしてしまうことをおすすめします。

          要するに、

          「あらかじめ書くべきことを1枚の紙にまとめておけば、箇条書きなどの余計な作業は要らない」

          ということになります。

          これ、自分のブログならいいんですが(時間をかけても)

          文字数の対価として報酬をいただいてるライターさんであれば、

          「いかに効率化するべきか?」

          というのがポイントになってくると思います。

          だから、音声入力のコツとかそういうのではなく
          「作業工程を簡略化する」しか方法は無いはずです。

          トレンド系記事
          1500文字

          というところを考えると

          時間がかかっても30分位でリサーチから入稿まで済ませたいところ。

          音声入力が逆に足かせになっている可能性もあるので
          そのあたりもよく考えて

          その7工程の中から
          どれを省くと効率が良いのか?

          を考えて、できるものはどんどん簡略化していくしか方法はないと思います。

          すいません。このコメントも音声入力なので
          特有の変換ミスがあってもスルーしてください。汗

          1. Nori より:

            りんやんさん。
            素早く反応していただきありがとうございます。
            書く内容をA4用紙にまとめるとは、具体的にはどのようにすればよろしいのでしょうか?

            与えられましたキーワードで、検索して出てきたものをまとめる形でよろしいのでしょうか?

            検索もどこまですれば良いのかがわかりません。

            先程例えで使わせていただいた、
            大島優子 熱愛などのキーワードでも、
            どのような形でしたら最速でリサーチを終わらせることができるのでしょうか?

            見出しを最低5個ほど作ることが必須条件になっておりまして、どんな見出しにするのかも分からず、その事を考えるのにものすごく時間がかかっております。

            どのような内容を書けば良いかということが分からず、気づいたら1時間経っていたということは、しょっちゅうです。

            検索方法がわからないわけではなく、
            どのような内容を書けばいいのか?
            正確には、どのような内容の見出しを5個作ればいいのだろうと思っている次第であります。

            そういった場合、どのようにすれば素早くA4用紙に書く内容をまとめることができますでしょうか?

            お手数おかけ致しますが、返信よろしくお願い致します。

          2. りんやん より:

            5つの見出しを作るという件ですが

            実は私は、こういった トレンドアフィリエイト に関連する芸能系の記事を作ったことがありません。

            なので、5つの見出しについては 

            もし私が作るならどうするか… という観点からお話しさせていただきますと

            あくまで仮定ですが

             「 Googleで検索して 上位10位に入っている記事を全て読む… そこから気になる項目を5つ抜き出す」 

            このようにすると思います。

            基本的に こういうゴシップ系の記事というのは

             事実を伝えるだけなので あまり文章の工夫ができません。

            なので、それならば「 Googleが現在表示しているものが 一番有益なもの」という観点から 気になったものを5つそのまま持ってくるという感じになると思います。

            これが、「お悩み系の記事なら 」 それなりに テンプレートを用意して書くこともできるのですが、、、

            例えば

             ・悩み

            ・ベネフィットとデメリット 

            ・ 買い付け解決方法の3つ 

            ・ まとめ(解決方法もう一度) 

             こういったことが書けるのですが

            芸能系の記事はただ単に事実だけをまとめていくのでこのやり方難しいです。

             なので、 検索上位に上がっている記事

            もしくは最新のニュースであれば Yahoo!ニュースなどを確認して それをとりあえず5つまとめてみる…

             このブログでも書いてますが

            私は芸能系の記事にはあまり価値を感じていません。

            なのでもしライターとして活動されるのであれば

            ここはとにかく短時間で 一定以上のクオリティーを保てればいいもの…

            みたいな感じ考えてます。

            事実、クライアントも上位表示は運次第

            と考えているところがあります。

             なので 「とりあえず5つの見出しを適当に埋めればいい」 という事しか考えないですね。 

             それで、時間がかかる場合は 

            「 とりあえずの質問力」 

             その記事をここまで読んだ人がどんな疑問を持つか?

            これを 頭を働かせて 5つ質問を作ってみるというのも1つの方法だと思います。

            例えば質問にはよく使われるのは 5w 1 H になりますよね。

             誰がどこで何をみたいな項目

            これを埋めていくだけでもそれなりの文章になると思います。 

            いずれにしても

            芸能トレンド系はこのあたりに時間をかけても

            「悩むだけ」

            になってしまって最悪なげやりにもなりかねない。

            自分の意見を入れる必要はありますが

            そこは音声入力の得意とするところです。

            タイマーをセットして

            「とにかく記事構成は10分以内で終わらせる」

            みたいな感覚で取り組んでいくと良いですよ。

            おそらく、1時間で仕上げたものも3時間かけたものも

            そこまで差別化はできないはずなので

            割り切って書いていってください。

          3. Nori より:

            りんやんさん。
            ありがとうございます。
            ぜひそのようにして見出しを作っていきたいと思います。

            あとおひとつお聞きしたい事があるのですが、よろしいでしょうか?

            それは、見出しを作った後の見出しの中身についてです。

            上位10サイトを見て見出しを作ってA4用紙に書く事をまとめた場合に、
            書き始めて、最後まで書いた際に文字数が足りなくなります。

            そして、再度リサーチという形で余計に時間がかかってしまいます。

            どのくらい書く内容を書き出せば1500文字を超える事ができるのでしょうか?

            お手数おかけ致しますが、返信頂けますと幸いです。

          4. りんやん より:

            とりあえず見出しが5個ということなので

            単純計算でも、

            ひとつの見出しに250文字から300文字程度書けばいいということになりますね。

             このぐらいの文字数であれば

             ひとつの見出しに対して、A4用紙に

            「気になった単語だけを書き出す」

            それで自由に書いていくだけ300文字程度ならかけると思います。

            おそらく1つの見出しに2分くらいで仕上げられるはずです。

            これが、ひとつの見出しにつき1,000文字ぐらい書かなければいけない…

            ならちょっと単語だけピックアップするなら弱いかな・・・と

             この場合、 私なら

            「 接続詞中心」で組み立てます。

            ひとつの見出しがあったとすると

             なぜなら

            例えば

            具体的に

            いつ

             だから

             このような感じで 順接逆説あまり気にせずに接続詞を次々に出していけば

             ひとつの見出しについて

            リサーチ不足でも1,000文字ぐらいなら書けるんじゃないかなと思います。

             もちろん、私は トレンド系の記事は未経験です。

            なので、「 事実だけをまとめあげる芸能系の記事」には当てはまらないかもしれませんが、

            応用は利くはずです。

             ただ、300文字程度であれば

            「A4用紙に 軸となるキーワード5つぐらいだけ単語ベースで書き出しておく」

            これだけでおそらく300文字ぐらいは書けると思います。

            いろいろ試してみてください。 

          5. Nori より:

            りんやんさん。
            ご丁寧に説明していただきありがとうございます!

            今回の回答で、私の抱えているライティングの問題は、一通り解決致しました。

            本当にありがとうございます。

            根本的な考え方から違って驚きを隠せずにいます。

            また何かありましたら質問させて頂きたいと思います。

            どうぞよろしくお願い致します。

            ありがとうございました!

コメントを残す

*